幼児教育とグローバル基準の保育

幼児のファンタジーな世界と無限の可能性。小さな発見やフローの積み重ねからイノベーティブな未来を創る。有能感を持った自立した人間として、生涯を通して学び続ける資質を持って成長できるよう、今しかできない幼少期の土台作りを支援します。



アイデンティティ

日本を訪れる外国人観光客が年々増加しているようですね。生活の必要性で普通に英語を使う機会が増えることは、迎える日本人にとってよいことだと思います。今まで目立たなかった地方の地域なども訪れる外国人が増えていますので、もしかしたら、観光地となったところに住む地元の人たちは、都会で真面目に“受験英語”を勉強している人たちよりコミュニケーション能力は高くなるかもしれません。いずれにしても、20年後、30年後には「英語を話せます」程度の経済的価値はほぼゼロになるか、少なくとも現在の「(特別なことはできませんが)一応大学は卒業しました」程度の価値になるでしょう。

昨年暮れから、中国・アジアの企業と日本の企業の連携をつくり出すために設立されたベンチャー企業の監査役を頼まれ、月に一度、ミーティングに参加しています。現場を行き来している役員の話を聞けば、中国でも「日本語を話せる」程度では、現地でよい仕事は見つかりにくくなっているようです。通訳になるにしても、特定分野につよくなければ“買い叩かれる”対象になってしまうのは、外からみれば日本語も同じであり、語学だけでは不十分ということを肌で感じています。やはり、何かに没頭できる力や好奇心を自分で深められる自学自習力を幼少期にしっかりとつけておいた方がいいのではないでしょうか。そして、アイデンティティを確立していくには感性も大きな影響を与えます。

“グローバル社会では多様な価値観に共感できることが大切”とよく言われますが、実際には共感だけで関係が維持されるほど甘くありません。共感をするだけなら、他のだれかにいつでもとって変わられます。同じゴールを目指す感性をもっていながらも、“相手にはない感性”をもっていなければ、建設的な関係は生まれません。企業の役員が集まる会議では、私が「相手に共感するだけなら、5歳の子どもでも友達として対等に相手にされない」と言うと笑いが起こりますが、本気で言っています。

以下、子ども時代に「感性」を磨く絶好の機会です。日本人として、日本的なことが何もできなくても世界で生きてはいけますが、アイデンティティの中にその原体験による感性が組み込まれていると、ひと際注目される要素をもつことにもなります。日本人は日本人であることを本質的な面でもっと利用してもいいかもしれません。自分だけの世界観をもつ姿は、誰から見ても頼もしく、それが自然と身についているとすれば、生涯において最も有効に使えるパスポートとなるでしょう。


*週1回x二か月程度の稽古(場所は世田谷区) → 最後は「日本橋劇場」で! (はじめての日本舞踊/水蓮会)
はじめての日本舞踊



ショウ・アンド・テル 続編⑤

“お気に入りのものを持参し、原稿なし、練習なしで80秒間、みんなの前で台に乗ってスピーチする” この活動を実施し始め、3年目となる中でついに「何も持って来ないでスピーチしたい!」という年長さんが今週、表れました。

ショウアンドテルでは、最初のうちはみんなに見せたいものがあるからとお気に入りのものを持参するものの、見せるだけで満足してしまい、お話をあまりしない子どもたちの姿も多くありました。しかし、回を重ねるに連れてお話しないと伝えられないことがあることに気づき、みんなの前でお話ができるようになっていきました。

今週、なにも物を持参しないでスピーチをしてくれた年長さんは、自宅で飼っているおたまじゃくしについてその様子や知っていることを細かくお話してくれました。(私は直接見ていないのですが)時間制限を越えて2分以上、堂々とお話していたようです。ひとつのことについて、何も見ないでそれだけの時間お話するには、興味の幅が広く、深く思考できる習慣がなければできません。きっと、そこに対する自信があったからできたのでしょう。お話のみで聞く側の幼児を集中させることは大人でも難しいことです。

年長の子どもたちは、年少だった時から毎日お当番がスピーチする光景を“当たり前”のように見てきました。自分たちに順番が回ってきた時には、もう心の準備が自然に出来ていました。大切なことは、毎日の生活の中で一人ひとりの気づいたことや求めていることにしっかりと反応して上げ、共感的な態度で言葉を添えて上げることであり、そのような体験の積み重ねがみんなの前でお話することの楽しさにもつながっていることと思います。


Life of Kenyan Student

One of our kindergarten children comes from Scotland.Today, we invited his grandmother and grandfather who had teacher career and recently visited “Kenya” for their teaching mission. They brought lots of photos and videos and showed them on the screen with explanation in front of children.

“Very different ! ” “Wow”, children voiced when they saw the photos showing scenes of town and field in Kenya. More curiosity was shown when they watched school life of high school students who were at boarding school where each student lives together and goes to bed in the same room.


One 5 years child questioned “If their curriculum finish 11 o’clock at night and wake up 4:30 in the morning, how come they are not overslept and can attend to school on time? The teacher (grandfather) answered “they are sleeping during the class !”

Youngerchildren felt and learnt “difference”. Older children expanded their curiosity and raised quesions by comparing with their experience and knowledge from a life in Japan. It was valuable and grateful opportunity of Kenya and Africa. Everybody was happy with warm-hearted presentation.


CIMG4579



失敗したら、どうする?

先日、年長と年中と年少の子どもたちが同じテーブルでぬりえをしていました。「ぬりえ」と言っても、年中ぐらいになると、マンダラの幾何学的な模様や大人のぬり絵シリーズなど細かい線がいくつも重なっているような複雑なぬり絵に興味を示します。

異年齢合同の環境では、年下の園児たちが年上の子を見ながら真似るだけでなく、会話を楽しみながら時に質問を投げたりもします。朝の8時台に机のうえで鉛筆をもって真剣に向かい合っている子どもたちの姿はまるで「朝活」をしているような雰囲気でもあります。


年中の子が「この線からはみ出さないように塗ればいいんでしょ?」と年長の子に質問すると、年長の子は「そう。でも、はみ出しても大丈夫。ハートマークにでもしちゃえば、きれいにみえるよ」とアドバイスしていました。年長の子が、失敗しないようにと教えるのではなく、失敗したってこうすれば大丈夫!と教えたことで、“失敗してはいけない”と思っていた年下の子たちは表情が緩み、安心したようでもありました。とても感動すると共に、学ぶべき点も感じました。

私たち大人は子どもに「失敗してもいいよ」という言葉をかけながらも、実際には上手くできることを期待します。上手くできた時にあまりに褒めたり、喜んでいたりすることばかりを繰り返していると、次第に“失敗してはいけない”と思うようにもなります。
会社に入ると、大抵の上司は「失敗したら、ぜんぶ私が責任をとるから」と言います。しかし、ひとたび失敗があれば、「なぜ?」「どうして?」「理由を説明して」と問い詰めることが多いでしょう。(もちろん、ことの重大さによっては当然の時もありますが)しかし、そうしていくうちに、無難なことにしか取り組まない、チャレンジしない人間の集まりになっていきます。

失敗を許容するとは「失敗してもいいよ」と言うだけでは不十分であり、“そもそも失敗ではない”または“失敗した時にはこうすればいい”と思えるサポートこそ、挑戦心の高い子を生み出すものと子どもたちの姿から学びます。



世界のどこでも「自分らしく」力強く

“自立していて有能で、思いやりと責任感があり、生涯を通して学び続ける資質をもつ”という姿を卒園の時までの目標としています。今年度の修了式も、保護者の皆さんのご協力や配慮、職員の尽力から心温まるものとなりました。有能感(人と比べなくても自分は優秀だと思える能力)を身につけた6歳の子たちが次のステージへ飛び立とうとしています。

異年齢で構成されるクラスルームでは、進級する園児たちも、この時期は特に生き生きとしています。年中の子どもたちは「次は自分たちがリーダー」と意気込みながら、年長がなすことを細かく観察しており、先生たちは「まるで理想的な引継ぎ作業みたいですね」と微笑んでいます。

卒園する園児の保護者の皆さんからは、園への感謝の言葉で綴られた色紙も頂きました。子どもからの言葉とご両親からの言葉の両方が全員分綴られており、職員皆で感激しました。先日、研修の講師を務める際に伺った幼稚園では、その理事長さんが「卒園する時に言ってもらえる『ありがとう』の感動は他の仕事では絶対に得られない」とご自身の体験から仰っておりました。私たちにとって何よりの宝物です。


年長の時期にはリーダーとしての資質が出来始めていると実感することが多くあります。自ら一番先に動き、リスクを取りながらリーダーシップを発揮したい子もいれば、友達を立てながらリーダーシップを発揮したい子もいます。極端にいえば、その二種類しかありません。“みんながリーダーを目指さなくてもよい”という言葉がありますが、その言葉の定義と発想がよくありません。リーダーシップとフォロワーシップを単純に二分割して考えることが間違いです。教育関係者がそう思っているならば、致命的であり、それは子どもの才能(人間の可能性)を抑えてしまいます。


C7PHzJiV0AEna1C
卒園する保護者の皆さんから、園の子どもたちへのプレゼントとして「砂遊び道具」をいただきました。品質や耐久性だけでなく、遊び方の発展性まで皆さんで考えて選んでくれたようです。春本番に向かう中、砂遊びでどんな創造や協働が展開されるか大変楽しみです!






author
記事検索
「教育」「子育て」の書籍
アーカイブ
コンタクト