幼児教育とグローバル基準の保育

幼児のファンタジーな世界と無限の可能性。小さな発見やフローの積み重ねからイノベーティブな未来を創る。有能感を持った自立した人間として、生涯を通して学び続ける資質を持って成長できるよう、今しかできない幼少期の土台作りを支援します。



発売一ヶ月 「世界基準の幼稚園」

本が発売されて一ヶ月が経過しました。読んでくださった方、本当にありがとうございます。「2回読みました」「3回読みました」という声も多く聞き、また、予想以上にお父さまの方々からも多くの共感の言葉や手紙をいただき、心から嬉しく思っております。

SNS等で知っていただいた皆さんには発売と同時に情報を届けることができましたが、近隣の書店さんでは最近になって特設コーナーをつくってくれたり、配本されたりしている店舗も多く、まだ発売されたばかりのような状態です。今まで縁やつながりのなかった方々にもこれからの子育てにおいて、また次世代の人間の育成について微力ですがお役に立てましたら幸いです。



【馬事公苑・スターバックスTSUTAYA】最大規模で特設コーナーをつくってくださり、入口の前で紹介されています。



【経堂コルティ・三省堂】 いち早く特設コーナーをつくって下さいました。ポップは園の先生の手づくりのものをお届けしました。


IMG_4309
【千歳船橋駅・千歳書店】地元の書店さん。5冊もショーケースに並べてくれました。



【祖師谷大蔵駅・小田急ブックメイツ】入口前で特設コーナーをつくって紹介してくれています。

6歳までの子育てをどのように考え、どこへ向かわせればよいのか。それには、どんな援助を心がければよいのか。幼児期はあっという間の短い期間です。一人でも多くの方の心の支えにつながれば幸いです。



世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)











幼児園First Classroom 「入園説明会」のお知らせ
http://firstclassroom.jp/free/boshu

新教育デザイニング株式会社 「保育士・教諭研修」のご案内
http://goodeducation.tokyo/free/abc


「手指の発達」 粘土もお絵かきも嫌いな子はどうする?

人格形成における情緒の安定や感情コントロール、集中力の向上には手指の活発な運動を伴うことを著書の中で詳しく紹介しました。


お子さんによっては手指を活発に使う粘土やお絵描きに夢中になれない子がいます。そのようなお子さんでも、手指をつかってのクッキングなら「やりたい!」と夢中になる場合が多くあります。食べ物を自分で作ってみたいという欲求が手指を使う意欲へと変換されるようです。今日は「肉まんづくり」を行いました。材料を用意し、すべてを手づくりで行うと、意外と手指に力を入れないといけない工程が沢山あります。

IMG_4476
市販されている知育教材は1~2歳向けには手指の運動を取り入れたものが多くありますが、幼児でも年齢が高くなるにつれて知的好奇心を引き出そうとするものが増え、手指に力を入れて活発に動かせるようなものはありそうで中々ありません。

IMG_4481
「のばす」「まるめる」「つまむ」「ひねる」など、手指を細かく動かさないといけない工程は、日頃あまり使わない手指の神経を刺激します。


調理をした時の「香り」も感性を刺激します。立派なせいろは栄養士の先生が用意してくれました。火と湯気が子どもたちに見えるよう室内にコンロを置き、その上で肉まんを蒸しました。蓋を開けたとき、「こんなにおおきくなるんだ~!」と子どもたちに豊かな表情と言葉が広がりました。


著書では「食育」は幼児教育の重要な要素として書いています。コミュニケーション能力の形成にも大きな影響を与えていることを書きました。ご購入いただいた方も、時々、思い出してくり返しお読みいただければ幸いです。


世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)











幼児園First Classroom 「入園説明会」のお知らせ
http://firstclassroom.jp/free/boshu

新教育デザイニング株式会社 「保育士・教諭研修」のご案内
http://goodeducation.tokyo/free/abc




幼稚園、保育園での保育研修・セミナー

幼稚園、保育園、各種スクール・教室などからの研修依頼をお受けしており、講師として保育の質向上の支援をしております。
経営者、管理者、一般職員など、どの役職の方々にも対応可能です。
ご要望があればホームページからお申込み、お問合せください。特に毎年年度末は混み合いますのでお早めにお申しつけ下さい。

研修テーマ(例):


<保育スキルアップセミナー>
・子どもが20年後、30年後に幸せに生きるために今必要な環境と支援とは?
・世界一低い、日本の子どもの自己肯定感。どうすれば高められる?
・未来志向の保育 ~子どもの主体性を育む保育現場とは~
・「自分でやりなさい」で子どもは自立に向かうか?
・「仲良くしなさい」「みんなしているでしょ」では協調性は育たない
・リーダー(ベテランの先生)が心掛けるべきこと
・保護者との相互理解を高める方法と手順
・専門職としての自覚とマナーの点検


<新・保育所保育指針で新たに何が求められるか?>
・幼児期の終わりまでに育ってほしい「10の姿」へのコミット
・全年齢に共通する「3つの柱(資質・能力)」と「主体的・対話的で深い学び」
・乳児(0歳児)保育に求められること
・1歳~3歳未満児までの保育に求められること
・3歳以上児の保育、4・5歳児保育で求められること


その他、「園長・経営者向け研修」、女性講師による「マナー応対研修」などもお受けしております。

お問合せ:
新教育デザイニング株式会社
http://goodeducation.tokyo/



自由で伸び伸びさせて、“しつけ”はどのように考えてますか?

d7f6db8b702c2b79f34bd3bbcc2ab126_s
先週、ある有識者の方々が集まる会で出版を記念した講演をさせてもらいました。その際、お孫さんがいるという素敵な女性の方から質問をいただきました。「自由で伸び伸び育てているようですが、“しつけ”はどのように考えていますか?甘やかされて育つと、問題を起こしますよね。」と。。。お気持ちはとても分かります。

実はこの質問、様々な講演や研修で教育や保育についてお話する機会によくお受けします。その度に、“嗚呼「自由=なんでもOKにしている」と認識されているんだろうな~”と思っています。そう思っている日本人(またはアジア人)は、結構多いのでないでしょうか。自由を与えることと、甘やかすことの区別がはっきりとはついておらず、アメとムチのような両面が必要と考える人が多いことと思います。

しかし、「自由」とはそういうものでしょうか?私が“世界基準の方針”として大切にしている「自由」とは、たとえ小さな子どもでも「責任」を伴うという考えです。もちろん、子どもに直接「責任」という言葉をかけたり、使うことはありません。


キャプチャ


キャプチャ2


キャプチャ3

キャプチャ4

キャプチャ5

自由とは楽しいことばかりではなく、時に孤独を味わうものであり、時に苦しいものでもあります。「自分でできた!」という達成感を味わうためには、常に幼い子どもでもその年齢の範囲内での困難を引き受けなければなりません。これは2、3歳の子も決して例外ではありません。年齢や発達段階に応じてその範囲と援助の方法が変わってくるだけです。

低年齢期からこのような経験を積み重ねてきた子どもは、「しつけ」と呼ばれる特別な厳しいムチを与えなくても、6歳を過ぎた頃には自分の感情をかなりコントロールできるようになります。「自由の扱い方」こそ、幼少期からトレーニングが必要なのです。



世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)






伝統文化 “書道”に親しむ

普段、日本にいて日本人とばかり過ごしていると、日本文化の良さを意識することはあまりありませんが、いざ海外に出て様々な国の人たちに囲まれると、途端に自分は日本人だということを感じます。

私の園では伝統文化に親しむ活動を設けています。カリキュラムとして子どもが伝統文化に親しむというと、「作法」の面ばかり注目されがちですが、私は幼少期にそれが重要だとは思っていません。


日本の伝統文化はその感性や美意識において、世界の人たちから羨ましがられるものが多くあります。形や知識は大人になって後からでも覚えられます。五感が研ぎすまされている小さな時期に、身体で感じてもらいたいと専門講師との雰囲気や関係づくりから環境を整えることを大切にしています。

DOJ7GD7U8AIZoc2
正座してビー玉をつかむところから鉛筆の正しい持ち方を、書道の先生から手遊び感覚で教えてもらいました。。“天使の輪”という合言葉にその形を真似ながらみんなコツを探しています。

DOKVnNSVwAAwxMV
硯の上で自分の手をつかって墨をすりました。筆を手にとり、止めたり、はらったりを体験した後、好きな文字を選ばせてもらうと「漢字を書きたい!」という子が多く、みんな、「山」、「木」、「中」などの字を書いていました。

著書の中でも書きました。「6歳までにやっておきたい9つのこと」として“伝統文化に触れること”を。本を読んで下さった、ある保育園の園長先生から「日本舞踊をやってみたくなりました!」というお便りもいただきました。


世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)












#インスタグラムでは幼少期教育のヒントになるものを選んで配信しています。興味のある方はフォローしてみて下さい。
https://www.instagram.com/first.classroom/





author
著書
「世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる」
記事検索
アーカイブ
コンタクト