幼児教育とグローバル基準の保育

幼児のファンタジーな世界と無限の可能性。小さな発見やフローの積み重ねからイノベーティブな未来を創る。有能感を持った自立した人間として、生涯を通して学び続ける資質を持って成長できるよう、今しかできない幼少期の土台作りを支援します。



片付け過ぎに注意!~前編~

IMG_3709
昨年のことですが、園児たちと公園にいき、周辺の雑草や草花がきれいに刈り取られている状態を見た時、5、6歳の女の子たちから「え~、これじゃあご飯がつくれないよ!」とがっかりする声があがりました。。。

 

こどもたちは普段から公園の真ん中で遊ぶことよりも、隅っこで遊ぶことを好み、よく雑草や草花をつんで創造的なごっこ遊びを、数人で意見を交換し合いながら楽しんでいます。真ん中の広いスペースよりも、端っこの方で宝探しをするように楽しんでいる子もいます。

 

端から端まで草花がきれいに刈り取られ、掃除が行き届いてツルンとむきだしになった地面は、こどもたちにとっては心地よくないようです。当然、虫もいなくなります。片付けが徹底されているという点で大人目線では評価されるのかもしれませんが、こどもからすれば殺風景です。公園は遊具で遊び、鬼ごっこをするだけの場ではありません。

 

IMG_9761
今年開園した新園に隣接する公園でも、今週、そろそろ赤色や黄色の落ち葉が増えてきたな~と遊びの展開を考えてワクワクしていると、見事なほどスピーディーに落ち葉が回収されて土しかない状態になっていました。(さすが、日本人というような取りこぼしのない見事な清掃ぶりです。笑)

 

一方、公園の整備については、常にごみを片づけてくれたり、暴風雨のあとにもすぐに倒木などを撤去してくれたり、衛生面や安全面では大変感謝しています。また、新園は大きな公園の玄関のような場所にあり、少し風が吹けば落ち葉が玄関に舞い込んでくるのでこれが大量になれば本当に掃除が大変だと近隣の方々の気持ちも想像はつきます。

 

ただし、です!イノベイティブな感性をつぶさず、将来の社会を担うこどもたちの教育的な観点から考えると、植物や落ち葉などの管理についてはもう少しルーズになってもいいんじゃないでしょうか~と思います。紅葉のきれいな落ち葉、ザクザク踏んで楽しめる落ち葉、次々と片付けないでくれ~!笑



<第3刷が配本されました>




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村







オープニングスタッフ募集(東京・世田谷)

幼児園First Classroom世田谷における梅ヶ丘の新園について、10月よりカリキュラムの整備に伴い体制を新たにします。自然豊かな環境の中でのオープニングスタッフとしての勤務に興味のある方、ぜひご応募ください。1ヶ月間の研修で当園独自の方針やプログラムを学んでいただきます。未来志向の保育、世界基準の保育、親の参画を促す保育などに興味のある方、歓迎です。未経験の方もOKです。丁寧に指導します。

CD66B362-EF6B-40BF-8B31-4A867BC6269D
毎日の自然体験と食育。アートや音楽との融合から表現力を磨く。

募集職種: 
 正社員/パート

資格: 
 幼稚園教諭または保育士 

勤務地: 
 幼児園First Classroom梅ヶ丘・羽根木公園校 (小田急線梅ヶ丘駅 徒歩1分)

保育内容: 
 2、3歳児の成長を担任として援助してもらいます。毎日の基本は食育と外遊びを重視しながら、低年齢期は特に手指をつかって集中する活動やリズム遊びなどの自己表現活動に力をいれています。異年齢合同クラスでこどもたちの自立と成長を援助しています。活動の概要はこちらをご参考ください。
 
研修期間:
 1ヶ月。当園独自の保育方針や活動内容について研修を受けていただきます。


応募に興味のある方は、お気軽にホームページのお問い合わせからご連絡ください。



<第3刷が配本されました>




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村





自分という『軸』をもつこと

 7、8月は何人かの卒園生が遊びにきてくれました。園の活動を手伝ってくれたり、自分が夢中になっていることのお披露目の場に招待されたり、卒園生たちの今を垣間見ることができました。

IMG_9194

卒園したみなさんに共通していたのは、自分という『軸』をしっかり太くしていること。当時を知っている職員たちとそれを目の当たりにし、自分軸が太くなっていることを共に喜んでいました。


IMG_9251
物語が好きで言葉での表現が得意な子は語彙力や説明力、気配りまでパワーアップしており、無口で手を動かしながら凄いものを作ってしまう子は、更にモノづくりの発想と技術が進化していたり、当時好きではなかったことまで得意なものにしてしまったりと。みんな、強い意欲や没頭力は当時のまま。


IMG_9291
中学生になった子は、親の見ていないところで努力をし続け、自分を磨き続けられるという、これもまた当時と変わらない様子です。凄いことを成し遂げ、心底感動している親御さんや私たちの前で本人はキョトンとしているのも多くの子に共通しているように思います。

もう一つ、わたしが驚いているのは、思春期を迎えている卒園生たちの多くが "他人とは適度に距離を置いている”と保護者の方たちから聞くことです。私自身は思春期のころは友達や人間関係に割と翻弄された方なので、卒園生たちが大きくなっても自分をしっかりと持ち、他者との関係に依存的でないことには大変感動しています。

幼少期から人それぞれ違って当たり前でそれを認め合う生活(文化)をしていたのがよかったのか、一人遊びやフロー体験をじゅうぶんに重ねたのがよかったのか、何かひとつの理由ではないと思いますが、みんな自分という『軸』をキープし、それを太くしていることには大変嬉しく思っています。

保育の現場では毎年いろいろと課題があり、大変なことも少なくないですが卒園生の姿は本当に励みになります!世界のどこでも、自分らしく、力強く。


<第3刷が配本されました>



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村








完全な自由を求める子、形から入って自由を求める子

子どもの中にはいつでも完全な自由を求める子もいれば、ある程度形を与えられたい、その後で自分で工夫したいという子もいます。前者はなんでも自分でやりたくて教えられることが大嫌い。一方で後者は適度に教えてもらうほうが心地よく、その中で自分らしさを発見していくというタイプです。

必ずどちらかに当てはまるというものではありませんが、人間は誰もが完全な自由を求めているということはなく、そこには幼児教育以前の遺伝などとも関わりがあるでしょう。

一人ひとりの生まれながらの個性をしっかりとみて援助してあげることも大切ですね。いずれにしても共通するのは自分で試行錯誤ができること。教わったことを再現できるだけではもの足りません。

さて、著書の中でも取り上げた伝統文化に親しむ園の活動でお世話になっている日本舞踊の講師がお弟子さんたちと発表会をするそうです。幼児や小学生も、男の子も参加します。じぶんと向かい合いながら練習することが楽しいと感じられる子にはよい機会だと思います。

勉強以外で好きなこと、夢中になれることを一つもつことは心の拠りどころにもなります。伝統文化から学び、自然と身につけた精神や姿勢、心の落ち着きなどは大人になった時、特にその効力を実感することでしょう。

ちなみにわたしは完全な自由を求める方のタイプでした。小さな時に日本舞踊に出会っても通うことはなかったと思います(笑)。ですので、伝統の世界で練習を楽しみながら自分らしい表現をつくり上げている子どもたちを尊敬しております。


第3刷が決まりました「世界基準の幼稚園」

先々週、突然、一年ぶりぐらいに出版社からと連絡が入りました。「重版(第3刷)が決まりました!」という内容で大変驚きました。一回目の増刷から一年半近くたっており、もうないかと思っていたので大変うれしかったです。お読みいただいた皆さん、どうも有難うございます。

出版をしてよかったことの一つとして、理念や志を共有する「仲間」が集まるようになったことがあります。園も今年から2園となり、どちらの園も新しい職員を迎えてみんなで主体的に考え、動き、私では到底思いつかないような保育内容を展開してくれています。

これまでの園では個別スペースが創られたり、担任が子どもと徹底的に対話をしながらショウアンドテルなどは子どもたちだけで運営するようになったり、細かな配慮が行き届き進化しています。
また、新園については2、3歳児から毎日自分の言葉で表現をする機会を設けたり、当番の仕事をつくったり、環境を生かして雨の日でも普通にレインコートをきて自然散策をしたり、経験豊富な職員たちがきめ細かく、同時にダイナミックな保育を展開してくれています。

どちらの園も、新しい仲間の加入によって「世界基準の幼稚園」で書かれている時期よりも進化と発展をしており、職員によってつくられていく「続編」を、とても楽しみにしております。子どもたちも生き生きとしています。保護者の皆さんにおいても著書が出てからは特に共通理解も進むようになり、有難く思っています。

一方で、本が出てから“背負わなくてもよい”プレッシャーを職員たちがもつようにもなりました。仕事をするうえで程よい緊張感は大切なことですが、「もっと〇〇しなければならない」というプレッシャーをもつと、家庭での子育てでも同じですがやはりどこかで無理が生じてしまいます。。本に書かれていることは、決してオーディションで選ばれた職員がした保育の話ではなく、特殊な職員教育を施してうまれたものでもなく、地味な日常生活を愚直に積み重ねて生まれたものです。

壁というものは心の中にあるものですが、その壁を高くするのも低くするのも自分しかできず、これまでの私の仕事はどちらかという現場へのエンパワーメントでしたが、これからは調整や支援がメインではないかと、私自身も第3刷を期に人間として成長できるよう努力したいと思っています。

さて、昨日は京都から講師を招き、伝統文化に親しむ機会(三味線と能の世界に触れてみよう)を親子講座として設けました。こちらの講師を紹介してくれたのも、京都で本を読んでくれた教育関係者の方でした。伝統文化や食育、アートでも、本のおかげで理念を共有する様々な専門家とつながることができました。

33D43DC5-7600-4BA5-8BD6-5A687207445E


累計の発行部数は7,500部となりました。ここまで来ると、一万にたどり着くといいな~と少し欲が出てしまいます(笑)。まだ読んでいない方、ぜひお読みください!そして、ご友人やご家族へのプレゼントなどにもぜひお使い下さい~!!









にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村





author

橋井健司。保育士・研修指導講師。新教育デザイニング株式会社 代表取締役。社会福祉法人の監事。

著書
「世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる」
記事検索
アーカイブ
コンタクト
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。