幼児教育とグローバル基準の保育

幼児のファンタジーな世界と無限の可能性。小さな発見やフローの積み重ねからイノベーティブな未来を創る。有能感を持った自立した人間として、生涯を通して学び続ける資質を持って成長できるよう、今しかできない幼少期の土台作りを支援します。



片付け過ぎに注意!~後編~

e2a034a366f6f20c43342a59918f9797_s
後編は、編集の都合で大幅に省略された部分の著書の原文をもとに掲載します。以下は3年前に書いたものです。(少し加筆しました)

" 日本の子育て現場では「おかたづけ」を異常なほど重視する傾向が目立ちます。確かにきれいにすれば気持ちがよいですし、国際的にはワールドカップで日本人の観覧者が試合終了後にスタジアムのゴミ拾いをしていることが模範的な態度として評価される等、この習慣がもたらすよい側面もあります。

しかし、重大な問題があります。せっかく集中している時に「おかたづけ!」という声を一日に何度もかけられて集中を妨げられれば、内発性や集中力というものがどんどん弱くなってしまいます。遊びは深めていかないと自信につながらず、自分の新たな能力の獲得にも至らず、達成感も得ることはできません。私の園でも偶に他の園から遊びに来てくれる子や転園してきたりする子は、「お片付けしよう」と声をかけられた途端に遊びをやめ、テキパキ片づけようとすることが多く、日頃どんな環境にいるのかなと心配になったりもします。それは、よいしつけを受けているというより、よい調教を受けているというような姿に重なります。

片付けは個人のペースで個々にできるようにすることを目標とすべきで、一斉に声掛けするような機会はなるべく減らしたほうがよいと思います。そして、ひとつの遊びに十分な時間をとること、あと5分もしくは10分あればもっと深められる時に片づけの時間がきた時は職員間で配置を修正しながら、待ってあげることも大切にしています。なぜなら、内発性という意欲の原点が将来にとって大人の皆さんが感じている以上に非常に重要だからです。

日本人の子ども時代はまるで軍隊のように一斉に気持ちや行動を切り替えることを優先されてきましたが、未だにそれが慣習として健在です。しかし、それは現代社会では最優先事項ではありません。子どもが片付けするのが大変だからと、遊び道具を少しずつしか出さなくなったりしたら、幼児教育的・人格形成期としては重大な損失を受けているともいえる姿です。

片づけや整理整頓への感性は生まれながらの男の子と女の子にも脳の働き方に違いがあると思います。女の子は大して教えなくてもまだ3歳未満というのに自主的に服をたたもうとしたり、くつを丁寧にしまったりしようとする姿もよく見かけます。一方、男の子はやればできるのに片づけには全然興味が湧かないという姿も多いものです。本来の才能や感性を潰さないためには、このような違いを理解することも大切です。

大変興味深いのは、部屋が少し散らかっている時、子どもは生き生きとしながら種類の違う関係ない遊び道具や玩具を自分の想像力でつなぎ合わせ、新しい空間や概念をつくってしまうことです。例えば、ブロックと木工知育玩具、トランプやオセロ、手作りのものなど全く違う遊び道具を組み合わせ、自分たちで新たな空間と遊びを作り出すようなことをします。

早くから行儀をしつけられたりする子や片付けを徹底させられているような子にこのような想像力は育まれません。ソニー創業者の井深大さんも著書「0歳からの母親作戦」の中で“適度に散らかった部屋の方が子どもの知的好奇心や探究心が伸びる”と言っており、正にその通りだと実感します。つまり、大人から見える“散らかっている”は、子どもには“散らかっていない”のです。空地に積んであるようなガラクタも子ども達には宝の山なのです。屋外だけでなく、室内も同じです。

それでも、片づけをしっかりさせたいという場合は、“片付けそのものを遊びにしてしまう”ことです。片付けが嫌いな男の子にはむしろ難しく分別して完成したらパズルを組み立てた時のような達成感があるようにする等の方が上手くいきます。"


片付け過ぎに注意!~前編~

IMG_3709
昨年のことですが、園児たちと公園にいき、周辺の雑草や草花がきれいに刈り取られている状態を見た時、5、6歳の女の子たちから「え~、これじゃあご飯がつくれないよ!」とがっかりする声があがりました。。。

 

こどもたちは普段から公園の真ん中で遊ぶことよりも、隅っこで遊ぶことを好み、よく雑草や草花をつんで創造的なごっこ遊びを、数人で意見を交換し合いながら楽しんでいます。真ん中の広いスペースよりも、端っこの方で宝探しをするように楽しんでいる子もいます。

 

端から端まで草花がきれいに刈り取られ、掃除が行き届いてツルンとむきだしになった地面は、こどもたちにとっては心地よくないようです。当然、虫もいなくなります。片付けが徹底されているという点で大人目線では評価されるのかもしれませんが、こどもからすれば殺風景です。公園は遊具で遊び、鬼ごっこをするだけの場ではありません。

 

IMG_9761
今年開園した新園に隣接する公園でも、今週、そろそろ赤色や黄色の落ち葉が増えてきたな~と遊びの展開を考えてワクワクしていると、見事なほどスピーディーに落ち葉が回収されて土しかない状態になっていました。(さすが、日本人というような取りこぼしのない見事な清掃ぶりです。笑)

 

一方、公園の整備については、常にごみを片づけてくれたり、暴風雨のあとにもすぐに倒木などを撤去してくれたり、衛生面や安全面では大変感謝しています。また、新園は大きな公園の玄関のような場所にあり、少し風が吹けば落ち葉が玄関に舞い込んでくるのでこれが大量になれば本当に掃除が大変だと近隣の方々の気持ちも想像はつきます。

 

ただし、です!イノベイティブな感性をつぶさず、将来の社会を担うこどもたちの教育的な観点から考えると、植物や落ち葉などの管理についてはもう少しルーズになってもいいんじゃないでしょうか~と思います。紅葉のきれいな落ち葉、ザクザク踏んで楽しめる落ち葉、次々と片付けないでくれ~!笑



<第3刷が配本されました>




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村







オープニングスタッフ募集(東京・世田谷)

幼児園First Classroom世田谷における梅ヶ丘の新園について、10月よりカリキュラムの整備に伴い体制を新たにします。自然豊かな環境の中でのオープニングスタッフとしての勤務に興味のある方、ぜひご応募ください。1ヶ月間の研修で当園独自の方針やプログラムを学んでいただきます。未来志向の保育、世界基準の保育、親の参画を促す保育などに興味のある方、歓迎です。未経験の方もOKです。丁寧に指導します。

CD66B362-EF6B-40BF-8B31-4A867BC6269D
毎日の自然体験と食育。アートや音楽との融合から表現力を磨く。

募集職種: 
 正社員/パート

資格: 
 幼稚園教諭または保育士 

勤務地: 
 幼児園First Classroom梅ヶ丘・羽根木公園校 (小田急線梅ヶ丘駅 徒歩1分)

保育内容: 
 2、3歳児の成長を担任として援助してもらいます。毎日の基本は食育と外遊びを重視しながら、低年齢期は特に手指をつかって集中する活動やリズム遊びなどの自己表現活動に力をいれています。異年齢合同クラスでこどもたちの自立と成長を援助しています。活動の概要はこちらをご参考ください。
 
研修期間:
 1ヶ月。当園独自の保育方針や活動内容について研修を受けていただきます。


応募に興味のある方は、お気軽にホームページのお問い合わせからご連絡ください。



<第3刷が配本されました>




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村





自分という『軸』をもつこと

 7、8月は何人かの卒園生が遊びにきてくれました。園の活動を手伝ってくれたり、自分が夢中になっていることのお披露目の場に招待されたり、卒園生たちの今を垣間見ることができました。

IMG_9194

卒園したみなさんに共通していたのは、自分という『軸』をしっかり太くしていること。当時を知っている職員たちとそれを目の当たりにし、自分軸が太くなっていることを共に喜んでいました。


IMG_9251
物語が好きで言葉での表現が得意な子は語彙力や説明力、気配りまでパワーアップしており、無口で手を動かしながら凄いものを作ってしまう子は、更にモノづくりの発想と技術が進化していたり、当時好きではなかったことまで得意なものにしてしまったりと。みんな、強い意欲や没頭力は当時のまま。


IMG_9291
中学生になった子は、親の見ていないところで努力をし続け、自分を磨き続けられるという、これもまた当時と変わらない様子です。凄いことを成し遂げ、心底感動している親御さんや私たちの前で本人はキョトンとしているのも多くの子に共通しているように思います。

もう一つ、わたしが驚いているのは、思春期を迎えている卒園生たちの多くが "他人とは適度に距離を置いている”と保護者の方たちから聞くことです。私自身は思春期のころは友達や人間関係に割と翻弄された方なので、卒園生たちが大きくなっても自分をしっかりと持ち、他者との関係に依存的でないことには大変感動しています。

幼少期から人それぞれ違って当たり前でそれを認め合う生活(文化)をしていたのがよかったのか、一人遊びやフロー体験をじゅうぶんに重ねたのがよかったのか、何かひとつの理由ではないと思いますが、みんな自分という『軸』をキープし、それを太くしていることには大変嬉しく思っています。

保育の現場では毎年いろいろと課題があり、大変なことも少なくないですが卒園生の姿は本当に励みになります!世界のどこでも、自分らしく、力強く。


<第3刷が配本されました>



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村








完全な自由を求める子、形から入って自由を求める子

子どもの中にはいつでも完全な自由を求める子もいれば、ある程度形を与えられたい、その後で自分で工夫したいという子もいます。前者はなんでも自分でやりたくて教えられることが大嫌い。一方で後者は適度に教えてもらうほうが心地よく、その中で自分らしさを発見していくというタイプです。

必ずどちらかに当てはまるというものではありませんが、人間は誰もが完全な自由を求めているということはなく、そこには幼児教育以前の遺伝などとも関わりがあるでしょう。

一人ひとりの生まれながらの個性をしっかりとみて援助してあげることも大切ですね。いずれにしても共通するのは自分で試行錯誤ができること。教わったことを再現できるだけではもの足りません。

さて、著書の中でも取り上げた伝統文化に親しむ園の活動でお世話になっている日本舞踊の講師がお弟子さんたちと発表会をするそうです。幼児や小学生も、男の子も参加します。じぶんと向かい合いながら練習することが楽しいと感じられる子にはよい機会だと思います。

勉強以外で好きなこと、夢中になれることを一つもつことは心の拠りどころにもなります。伝統文化から学び、自然と身につけた精神や姿勢、心の落ち着きなどは大人になった時、特にその効力を実感することでしょう。

ちなみにわたしは完全な自由を求める方のタイプでした。小さな時に日本舞踊に出会っても通うことはなかったと思います(笑)。ですので、伝統の世界で練習を楽しみながら自分らしい表現をつくり上げている子どもたちを尊敬しております。



author

橋井健司。保育士・研修指導講師。新教育デザイニング株式会社 代表取締役。社会福祉法人の監事。

著書
「世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる」
記事検索
アーカイブ
コンタクト
楽天市場