幼児教育とグローバル基準の保育

幼児のファンタジーな世界と無限の可能性。小さな発見やフローの積み重ねからイノベーティブな未来を創る。有能感を持った自立した人間として、生涯を通して学び続ける資質を持って成長できるよう、今しかできない幼少期の土台作りを支援します。



斉藤淳先生と

先月、元イエール大助教授で衆議院議員も経験され、現在は英語と教養教育の塾を経営されている斉藤淳先生と食事をする機会がありました。

以前、「10歳から身につく、問い、考え、表現する力」を読んだとき、斉藤先生も学生時代、勉強ができながら“学校が楽しくなかった”と感じていたことを知り、昔の自分と重なる部分を多く感じていました。私も、自学の勉強は好きでテストの成績もよく、友達も多い方でしたが、とにかく授業がつまらなく、毎日その退屈な時間をどうやり過ごすかばかり考えていました。「英語を勉強して都会にいけば何かが変わるだろう」と思って田舎から東京へ出てきたのも同じでした。

斉藤先生は著書の中で、“英語はスタートライン。英語を使って「何を問い、考え、表現するか」がなければ意味がない。日本語を母語にするものにとっては、何が自らの価値の源か、よく考えてみる必要がある”といい、「ゼロから考える力」の大切さを力説しています。


私が、いわゆる早期教育(その時期にしか伸ばせない能力の成長を妨害する前倒し教育)に反対するのもこれに通じます。幼少期には幼少期にしか得られない「発想・思考・表現」を伸ばすことが青年期・成熟期の飛躍に重要であると考えるからです。斉藤先生も私の著書を読んでくださって「ごっこ遊び」の項が特に印象に残ったと仰っていました。先日は幼少期に思考力を引き出すひとつの要素として、「ゼロからの対話」の必要性についてブログに書きました。

「政策が話題にならない本当の理由」
http://innovative-sprout.com/archives/1068408539.html

今回、斉藤先生といろいろと意見交換をさせてもらい、共にグローバル社会で逞しく生き抜く人間を育てようと、日本の教育の現状を乗り越えようとする点で同じ方向を向いていることを確認し合いました。それを「多数派」にまでしようと目標を立てて行動している姿には“さすが元議員さん!”と心から敬服しております。笑。私ももっとがんばりたいと刺激にもなりました。

最後に先生の本の中で、私が印象に残って線を引いていた部分を記しておきます。

面接を担当したイエールの卒園生によると「イエールはリーダーとなる人物を出したい。指示待ちの子より、新しいことに挑戦する、ある意味『いたずらっ子』を求めている」とのこと。


IMG_4532

書籍(以下、クリックするとアマゾンのHPに飛びます)

世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる [単行本(ソフトカバー)]


10歳から身につく 問い、考え、表現する力 ぼくがイェール大で学び、教えたいこと (NHK出版新書) [新書]



冬の短期水泳教室

著書「世界基準の幼稚園」では、“『余白』は決して削らない”の見出し内で温水プールの活動を例に挙げて書きました。その活動の受け皿として協力して下さったのが、スポーツクラブ「ルネサンス経堂」さんです。等級も、目標もこちらからは与えないとする私の理念や方針に最初は戸惑いもあったと思いますが、コーチの皆さんは実に素晴らしい理解力と実行力で子どもたちを援助してくださり、昨年も今年も園児たちは夏の短期間で大きな成長を遂げました。

そのスポーツクラブより、冬の短期水泳教室を開くということで案内がありましたので、みなさんにもご紹介したいと思います。ご興味のある方は、ぜひ体験してみてください。お申し込みは直接ルネサンスさんまでご連絡下さい。

ルネサンス経堂 『冬の短期水泳教室』
1期 1月4日(水)・5日(木) 8:30~9:30 4才~10才 20名 3,240円(税込) 
2期 1月7日(日)・8日(月) 8:00~9:00 4才~10才 20名 3,240円(税込)
<お問合せ・お申込み>スポーツクラブ&スパ ルネサンス経堂 TEL 03-5426-5080 世田谷区宮坂3-1-45

ジュニアスイミング体験情報
・日曜体験会 ・親子ベビー体験 ・乳幼児体験など
詳しくはホームページで
http://3080.s-re.jp/jr/topics/index_1994_1.html

DHecrj9U0AAksqs



世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)
*アマゾンは現在在庫切れ中。書店でお買い求めください。














発売一ヶ月 「世界基準の幼稚園〜型にはまらない子にする18の理論」

本が発売されて一ヶ月が経過しました。読んでくださった方、本当にありがとうございます。「2回読みました」「3回読みました」という声も多く聞き、また、予想以上にお父さまの方々からも多くの共感の言葉や手紙をいただき、心から嬉しく思っております。

SNS等で知っていただいた皆さんには発売と同時に情報を届けることができましたが、近隣の書店さんでは最近になって特設コーナーをつくってくれたり、配本されたりしている店舗も多く、まだ発売されたばかりのような状態です。今まで縁やつながりのなかった方々にもこれからの子育てにおいて、また次世代の人間の育成について微力ですがお役に立てましたら幸いです。



【馬事公苑・スターバックスTSUTAYA】最大規模で特設コーナーをつくってくださり、入口の前で紹介されています。



【経堂コルティ・三省堂】 いち早く特設コーナーをつくって下さいました。ポップは園の先生の手づくりのものをお届けしました。


IMG_4309
【千歳船橋駅・千歳書店】地元の書店さん。5冊もショーケースに並べてくれました。



【祖師谷大蔵駅・小田急ブックメイツ】入口前で特設コーナーをつくって紹介してくれています。

6歳までの子育てをどのように考え、どこへ向かわせればよいのか。それには、どんな援助を心がければよいのか。幼児期はあっという間の短い期間です。一人でも多くの方の心の支えにつながれば幸いです。



世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)











幼児園First Classroom 「入園説明会」のお知らせ
http://firstclassroom.jp/free/boshu

新教育デザイニング株式会社 「保育士・教諭研修」のご案内
http://goodeducation.tokyo/free/abc


「手指の発達」 粘土もお絵かきも嫌いな子はどうする?

人格形成における情緒の安定や感情コントロール、集中力の向上には手指の活発な運動を伴うことを著書の中で詳しく紹介しました。


お子さんによっては手指を活発に使う粘土やお絵描きに夢中になれない子がいます。そのようなお子さんでも、手指をつかってのクッキングなら「やりたい!」と夢中になる場合が多くあります。食べ物を自分で作ってみたいという欲求が手指を使う意欲へと変換されるようです。今日は「肉まんづくり」を行いました。材料を用意し、すべてを手づくりで行うと、意外と手指に力を入れないといけない工程が沢山あります。

IMG_4476
市販されている知育教材は1~2歳向けには手指の運動を取り入れたものが多くありますが、幼児でも年齢が高くなるにつれて知的好奇心を引き出そうとするものが増え、手指に力を入れて活発に動かせるようなものはありそうで中々ありません。

IMG_4481
「のばす」「まるめる」「つまむ」「ひねる」など、手指を細かく動かさないといけない工程は、日頃あまり使わない手指の神経を刺激します。


調理をした時の「香り」も感性を刺激します。立派なせいろは栄養士の先生が用意してくれました。火と湯気が子どもたちに見えるよう室内にコンロを置き、その上で肉まんを蒸しました。蓋を開けたとき、「こんなにおおきくなるんだ~!」と子どもたちに豊かな表情と言葉が広がりました。


著書では「食育」は幼児教育の重要な要素として書いています。コミュニケーション能力の形成にも大きな影響を与えていることを書きました。ご購入いただいた方も、時々、思い出してくり返しお読みいただければ幸いです。


世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)











幼児園First Classroom 「入園説明会」のお知らせ
http://firstclassroom.jp/free/boshu

新教育デザイニング株式会社 「保育士・教諭研修」のご案内
http://goodeducation.tokyo/free/abc




幼稚園、保育園での保育研修・セミナー

幼稚園、保育園、各種スクール・教室などからの研修依頼をお受けしており、講師として保育の質向上の支援をしております。
経営者、管理者、一般職員など、どの役職の方々にも対応可能です。
ご要望があればホームページからお申込み、お問合せください。特に毎年年度末は混み合いますのでお早めにお申しつけ下さい。

研修テーマ(例):


<保育スキルアップセミナー>
・子どもが20年後、30年後に幸せに生きるために今必要な環境と支援とは?
・世界一低い、日本の子どもの自己肯定感。どうすれば高められる?
・未来志向の保育 ~子どもの主体性を育む保育現場とは~
・「自分でやりなさい」で子どもは自立に向かうか?
・「仲良くしなさい」「みんなしているでしょ」では協調性は育たない
・リーダー(ベテランの先生)が心掛けるべきこと
・保護者との相互理解を高める方法と手順
・専門職としての自覚とマナーの点検


<新・保育所保育指針で新たに何が求められるか?>
・幼児期の終わりまでに育ってほしい「10の姿」へのコミット
・全年齢に共通する「3つの柱(資質・能力)」と「主体的・対話的で深い学び」
・乳児(0歳児)保育に求められること
・1歳~3歳未満児までの保育に求められること
・3歳以上児の保育、4・5歳児保育で求められること


その他、「園長・経営者向け研修」、女性講師による「マナー応対研修」などもお受けしております。

お問合せ:
新教育デザイニング株式会社
http://goodeducation.tokyo/




author
著書
「世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる」
記事検索
アーカイブ
コンタクト
Amazonライブリンク