幼児教育とグローバル基準の保育

幼児のファンタジーな世界と無限の可能性。小さな発見やフローの積み重ねからイノベーティブな未来を創る。有能感を持った自立した人間として、生涯を通して学び続ける資質を持って成長できるよう、今しかできない幼少期の土台作りを支援します。



“世界基準の”卒園生たち

1e4351bb6d5a8198d6a627cd75da9cf5_s
今年も、小学一年生の卒園生たちが冬休み中、在園児たちに小学校の紹介をするために、園に来てくれた。ランドセルやバッグに自分の見せたいものをみんなギッシリと詰め込んできてくれ、有難い。


今年の卒園生たちは「ショウ・アンド・テル」を開始したときから1年半それを経験してきた初めての子どもたち。久しぶりに来園したにも関わらず、当たり前のように椅子の上にたち、じぶんの言葉で語り始める。教科書や作品をみせるときも、じぶんの捉え方やじぶんの感じ方を大切に話す姿には「成長したね」という言葉より、「変わらないまま、更に伸びたね」と声をかけたくなるほどだった。

公立も私立もみんな違う学校に通う子どもたちだが、それぞれが学校や授業の特色をスピーチしているのではなく、「じぶん」を柱に主観的に話ができる姿にはかなり驚いた。中には前日に親が「何を話すか練習した?」と聞くと、「だいじょうぶ、いつも考えながら話しているから」と言った子がいたり、「学校でお話する時は他の子たちはみんな原稿をみながら話すのに、うちの子だけ何も原稿用意しないで話すんですよ」という保護者もいた。


“じぶんを柱にして話を展開する”。実は、これが一番日本人が苦手としていることであり、海外の学校では逆に評価される(というよりそれがないと全く評価されない)ところでもある。(という私自身も、昨年著書の原稿を提出した際には、編集者から「もっと自分のことや自分の園のことを書いて下さい!」「重要なのは何を書くかではなく、“誰が”何を書くかなんです!」と何回も注意された。)

世界ではスピーチに限ったことではなく、作文も同様であり、日本のように事実を客観的に表現したり、他人の気持ちを述べたりするだけでは評価されない。常にじぶんと人、じぶんと環境や社会の関係を小学生時代から問われ続け、一流大学の入学試験にも大きな影響を与える。

今回、銀行から融資を受けて「こども手帳」を作りたかった理由のひとつは、幼児のためだけでなく、小学生に対して毎日の生活の中で「じぶんを柱にして表現すること」をやめず、続けてほしいという想いがあったからだ。「やりたいことで人生をデザインする」というのは、放課後にやりたいことをやって欲しいという意味ではなく、学校と切り離して考えてほしいという意味でもない。


イギリスの劇作家、ジェームズ・バリーはこんな名言を残している。

The Secret of happiness is not in doing what one likes, but in liking what one does.
「幸福の秘訣は、自分がやりたいことをするのではなく、自分がすべきことを好きになることだ。」


今年は小学校高学年~中学生向けの手帳を開発して世に出すことを計画しているが、卒園生の姿をみて益々やる気になった。大人として自立するまでの過程を一冊の手帳で支えることができたらこの上ない喜びである。




『世界基準のこどもてちょう(親子レター帳・シール付き)』専用サイト
*1月19日まで特別価格で受付
techoforblogimage





世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)






初釜 茶室で季節感を磨く

「伝統文化に触れる」ことを目的にした活動で園児たちを時々茶室へ引率しています。空間的魅力と茶道の先生のお話から季節感や生活観を身体で感じることが目的であり、礼儀や作法は目的化せず、最低限のマナーに留めています。


IMG_4862

ことしも近所の茶道教室での「初釜」を先生の大人の生徒さんたちより先に、当園の園児たちが経験させてもらいました。茶釜は富士山の形、掛け軸にも富士山、飾り物や茶道具には干支である「イヌ」や縁起物の「松竹梅」などが描かれており、ひとつひとつ、先生は子どもたちに分かりやすい言葉で説明してくれました。


IMG_4851

お菓子は先生が「みなさん、花びら餅は体験されてよくご存知なので、フェイントをかけて・・・(笑)」と、小豆の入った干支菓子を用意してくれました。子どもたちの興味が広がり、干支についての話が交わされました。


IMG_4854

抹茶はひとりずつお友達の分を点て、「どうぞ」ともてなし、役割を交互に行いました。大人用を薄めただけの苦みのある味にも「おいしい」という子が多く、全員が飲み干していました。


IMG_4864

棗の模様の「柳」について、先生が興味深いお話をしてくれました。「駅の前の今はパン屋さんのある場所に昔は大きな柳の木があった」と語り、自然が人間の気持ちにどのような影響を与えるかということを経験知から感情をこめてお話してくれました。園に帰る時、その場所を歩き、立ち止まってみました。


IMG_4865

先生の着物からも、いつも子どもたちの「気づき」や「発見」につながるものがあります。打ち出の小槌など縁起物の数々は、お正月の雰囲気を味わうだけでなく、これまでに読んだ絵本のお話やストーリーと結びつけたり、ママやパパとお話したこととつながったり、想像力や探究心を刺激してくれます。



拙著「世界基準の幼稚園」でも、幼少期に「伝統文化」に触れる大切さについて書きました。豊かな季節感をもつことは食育にもつながります。

世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)







「Firstbookこども手帳」では毎月の季節の慣習や自然、食べ物について、子どもが積極的に考えたくなるよう、問いかけの形式で紹介しております。
『世界基準のこどもてちょう(親子レター帳・シール付き)』専用サイト
*先行予約受付開始!1月19日まで特別価格で受付けています
techoforblogimage



“やりたいこと”で人生をデザインできる子に

4e878d97331df2ba9e0bbd31543d3dfe_s

あけまして、おめでとうございます。
いつもブログを読んで下さって有難うございます。

Steve Jobs (スティーブ・ジョブズ)-
“もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは 本当に自分の「やりたいこと」だろうか?”

「やりたいこと」で人生をデザインしていく。しかし、これがなぜ難しいことなのでしょうか?誰もが好きなことをしたい、得意なことをしたいと思っています。ところが、毎日のスケジュールがいつのまにか小中学生ですら、「やらなければいけないこと」ばかりになっていないでしょうか。5歳の子どもたちでさえ気がつけば、好きだったことが“やらなければいけないこと”に変わり、好きなことを見失いそうになりやすい環境にいます。

2018年は、「世界基準の子ども手帳プロジェクト」より誕生した、“Firstbookこどもてちょう(親子レター帳付き)”を限定発売することとなりました。おおむね3歳から9歳までのお子さんを対象にした、親子で一緒に取り組むプロジェクトでもあります。一冊の手帳を通じて、お子さんがじぶんで人生をデザインしていけるよう応援します。

Thomas Fuller(トーマス・フラー) -
“習慣は賢者たちのペットであり、愚者たちのアイドルである”

幼少期の「習慣」こそ、将来への大きな力です。手帳の詳細は専用サイトで紹介しています。1月19日まで先行予約・特別価格にてお申し込みを受け付けております。

“世界のどこでも「自分らしく」力強く”
本年も、よろしくお願いいたします。

『世界基準のこどもてちょう(親子レター帳・シール付き)』専用サイト
*先行予約受付開始!1月19日まで特別価格で受付けています
techoforblogimage





発表会より大切なもの

13cfaabbd296f40434bbe17164747044_s

先日、クリスマス・コンサートを開きました。演奏をお願いしていたピアノの講師から開催直前に思いがけない相談がありました。「卒園生のIちゃんに演奏の機会を頂けないでしょうか」と。幼児期には率先して自分から手を挙げるタイプではなく、いつも誰かのあとに友達と一緒にやりたがるタイプの子。一体、子どもが出ないコンサートでソロで演奏するとは、どうしたことでしょう?しかも開催直前に。

当日、その女の子はかなり気を張って来るのかと思うと、まったく逆で、“立ち寄っただけ”のような様子と表情で現れました。そして「楽譜はいらないよ」と言って小走り気味にピアノに向かい、淡々と演奏を始めました。
その後ろ姿は、私には立派になった姿というより、その子が鉄棒や上り棒に黙々と向かい合い、遊び込んでいた時と全く同じに映り、とても驚きました。“(良い意味で)なにも変わっていない”姿。演奏終了後も、あまり達成感に浸るような高揚した感じはなく、もっと先を向いているように感じました。

興味をもった私は後で、その女の子が急に出演を決めた経緯をピアノ講師に尋ねると、これにまた驚きました。実は年末に遊びに来る“おばあちゃん、おじいちゃん”をピアノ演奏で喜ばせようとしたのがきっかけでスイッチが入り、意気込んで練習を始めたとのこと。それがあまりに見事だったので、偶々目前にあったコンサートで弾かないか聞いてみたら、本人が二つ返事でOKしたと。つまり、みんなの前での発表は「次いで」であり「後付け」だったということです。

“おばあちゃん、おじいちゃんを喜ばせたい”と思ったのは、評価してもらうためではなく、純粋にその笑顔で喜んでもらいたかったから、持っている「ラーニングゴール志向」と「没頭力」に火がついたのでしょう。コンサート(発表会)での演奏には“立ち寄っただけ”に映った私の直感は的外れではありませんでした。発表会は料理にたとえると、“メイン”としてではなく、“添えるもの”であった時、最も子どもを伸ばすのではないでしょうか。いずれにしても、幼児期にそれに慣れておくとアドバンテージがあるということはなさそうです。

何かをやりたいと思ったとき、成し遂げられるかどうかは、発表会があるかどうかではなく、「強いラーニングゴール志向」と「豊富なフロー経験」があるかが左右します。そして、すべての土台は愛着であるということ。著書に詳しく書いておりますので、一度読んだ方もまた冬休みにもう一度お目通しいただければ嬉しく思います。


子どもが祖父母さんへ抱く愛着の大きさも改めて実感しました。先日、お会いしたある保育園の40代の先生は「早く、おばあちゃんになりたい」と言っていて驚きましたが・笑、子どもに与える影響力は時に親を越えるものがあり、それを知っていれば歳を重ねることも楽しいかもしれません。


1月1日より先行予約受付「世界基準の子ども手帳(親子レター帳付き)」
Firstbook 専用サイトはこちらへ(1月1日オープン)
sekaikijyunkodomo



*只今、アマゾン在庫切れ中。大手書店でお買い求めください。

世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)








ショウ・アンド・テル “卒業編”

IMG_3863
ショウ・アンド・テルを開始して2年がたちました。今年は驚いたことに、「何もモノを見せずに話したい」という子たちが現れ、一時期それがブームになり、年長は全員が何もモノがない状態でスピーチする内容を考えながら3分以上話すという経験をしました。もちろん、原稿も、事前練習もありません。

きっかけは当日スピーチをする当番の子が「忘れ物」をした時のことでした。その子は「なにもないけどお話だけしていい?」と先生に聞き、週末に家族と一緒に楽しんだことを話し始めました。それは正に、“ショウ・アンド・テル”から“テル”へと成長し、変化した瞬間でもありました。聞いていた子どもたちにも新鮮な光景にみえたのか、年長の他の園児たちにも何もモノを持参しないでお話するスタイルが広がり、気がつけば2学期には年長の全員がショウ・アンド・テルを「卒業」していました。

「忘れ物」をネガティブに扱わない先生や親の姿は、子どもに“発想の転換”を促します。最初に行った子は忘れ物をしたために、自分の新たな才能や楽しみ方に気づいたのかもしれません。誰にも強制されず、自分で気づいたり、発展させたりすること自体に大きな意味があります。何も練習をしなくてもその場で考え、みんなの前で話すことは楽しいという経験を重ねた子たちが、その力を将来どのように発展させてくれるか、楽しみです。



1月1日より先行予約受付「世界基準のこどもてちょう(親子レター帳付き)」
sekaikijyunkodomo


世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)








author

橋井健司。保育士・研修指導講師。新教育デザイニング株式会社 代表取締役。社会福祉法人の監事。

著書
「世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる」
記事検索
アーカイブ
コンタクト
Amazonライブリンク