幼児教育とグローバル基準の保育

幼児のファンタジーな世界と無限の可能性。小さな発見やフローの積み重ねからイノベーティブな未来を創る。有能感を持った自立した人間として、生涯を通して学び続ける資質を持って成長できるよう、今しかできない幼少期の土台作りを支援します。



英語を学んでいる中高生の皆さんへ



・日本人よ、恐れることなかれ!世界の英語はいい加減だ 
・海外では間違いだらけの英語が当たり前
・適当な英語でも仕事は回っており、お金を稼いでいる人は大勢います。そんな人々でも企業の管理職をやっていたり、なんとネイティブに指令を出して仕事をしたりしていいます。人によっては年収数千万円という大金を稼いでいる人もいます。
・9割の人に必要な英語はハイレベルなものじゃない
 【国連でも通じる世界の非ネイティブ英語術(著者:谷本真由美さん)】より

上に書かれていることは大袈裟に聞こえるかもしれませんが、私が15年ほど外資系企業にいてビジネスの場で体験したこととほぼ同じであり、大変共感しながら読ませてもらいました。ぜひ高校生ぐらいのうちにこの本を読んで、自信を持って英語に向かい合い、そして“語学以外の大切なことで”自分を磨いてほしいと思いました。


英語は “ネイティブスピーカーがいない言語”
この本の冒頭に、「英語は現代のLingua Francaであるということです。Lingua Francaとは、母語が異なる人々が意思疎通をはかるために使用する言語のことをいい、一般的にはネイティブスピーカーが存在しないことになっています。」という興味深い説明があり、「世界で英語を話す90%は英語ネイティブではない」という事実を紹介しています。私も、世界の様々な国の人たちと仕事をする中、多くの人たちが自国の訛りのある英語を堂々と話し、また、母語での価値観に基づいた英語を話しているということを実感してきました。英語に決まった形式(正しい形)はないとさえ言っても、許される環境でもあります。
日本の「学校英語」「受験英語」の勉強を続けていると、“様々な種類の難しい文献や記事を理解して、文法的に正しい英語を話せなければ世界では通用しない”と錯覚してしまいます。通訳や翻訳など語学の専門家になるのであれば別ですが、この本に書いてある通り「9割の人に必要な英語はハイレベルなものじゃない」「英語がヘタクソでも世界で活躍する人々」が現実であり、本当は私たちも日本語なまりのある下手な英語を堂々と話して何も馬鹿にされません。意思や意図が通じることが重要であり、特に異なる国の人たちが集まるような場では英語に道具以上のものは期待されません。(下手な英語で馬鹿にされるとすれば同じ日本人からであり、そういう人こそ馬鹿だと思って無視していれば大丈夫です。笑)


英語が上手でも話を聞いてもらえない人
会議をすると、どうでもよい退屈な話を長々とする人は日本だけでなく、海外にも結構います。しかし、そういう人はどんなにネイティブ英語を上手に話しても、ほとんど誰も内容を聞いていません。困ったことに組織の幹部や役員にもそういう人がいますが、そういう時も“止めると後で面倒くさいから、話したいだけ話させておこう”と共通認識で話させておくだけです。誰もその人の話を聞いていません。逆に、英語が上手でなくても、“アイツはいつも素晴らしいアイデアを出す”“アイツは行動力があるから信じられる”と同僚や上司に思われていれば、「さっきから黙っているけど、何か言ってよ」と声をかけられたりもします。そんな状況での発言には、周囲はみんな耳を澄ませて聞いてくれます。英語が分かりにくければ、気を遣って簡単な単語で質問してくれたりもします。仕事の場ではみんな自分にメリットをもたらせてくれる人を大切にするのであり、英語の上手な人を大切にするわけではありません。
つまり、英語が上手であればみんなに相手にしてもらえるということは間違いであり、英語が下手でも自分に実力があれば周囲はむしろレベルを合わせてくれます。この本には「英語圏は移民国が多いので、外国人英語が当たり前」ということが書かれており、様々な国の出身者たちの「迫力」「根回し」「駆け引き」など人間的な魅力も面白く紹介されています。わたしが遭遇した実体験ともいくつか重なりました。


自分を磨くこと
英語の学習は必要であり、勉強のしかたについて書かれた本は沢山出版されていますが、語学は現実社会では道具に過ぎず、あまり考え過ぎる必要はありません。自分に実力や人間的魅力がなければその方が仕事についた時に苦労します。塾や部活で忙しいと思いますが、好きなこと、夢中になれることを大切に、自分らしさを追求してほしいと思います。




グリット- やり遂げる力

“グリット”の芽生え
GRITと呼ばれる「やり遂げる力(=やり抜く力)」が、アンジェラダックワース氏の著書では人生のあらゆる成功を決める力として提示され、注目されています。私の考察では幼児期の2歳~5歳までにいつでも個人の動機づけが尊重され、没頭できる環境を大切にされて育つと、6歳に近づくにつれて何事も“やり遂げたい”という強い意志がメキメキと表れてきます。

IMG_3619
豆を箸で移すだけの活動(遊び)。生の豆はツルツル滑って意外と根気がいります。こんな単純なもので、何もごほうびもなくても、年長児たちはハァハァ言いながら“やり遂げたい”という意思全開で最後までやります。

FullSizeRender

3種類の料理を、約20の工程で、2時間以上かけて完成させるクッキング。手を使い、包丁を使い、火を使い、それをくり返す内容。年長年中の子どもたちは「やり遂げたい」という基盤が出来ていて、周囲で年少の子どもたちがブロックや本を広げて遊んでいても集中力が乱れません。課題をやり遂げることこそが“遊び”になっています。

“技術は後からついてくる”は本当か?
よく「技術は後からついてくるから」「センスが大事」という言葉を聞きます。私も実は幼児教育に関わる前まではそう思っていました。しかし今は逆です。確かに応用技術というものは後からついてきますが、「基礎技術」は後になってから意欲やモチベーションの力に任せてもついてきません。ここでいう基礎技術とは優先順に、①手指の動き、②足もとの動き、③全身の動きです。これが4、5歳ぐらいまでに十分に発達していないとグリット=「やり遂げる力」は生まれません。他の子と比べて言葉が遅くても、行動が遅くても、この基礎技術さえついていれば概ね「グリット」はその芽を出します。
心理学者アンジェラ・ダックワース氏の『GRIT(やり抜く力)』では「情熱」や「モチベーション」の重要性に重きが置かれていますが、これらの心理学的働きだけで「やり遂げる力」を生むことは不可能です。同じく注目されている心理学者キャロル・ドウェック氏の「マインドセット」も重要であることは間違いありませんが、同様に基礎技術の裏付けがなければすぐに萎れてしまいます。「やり遂げる力」をつけるためには、心理学的な面からの働きかけや援助だけでは不十分であり、生物学的な考察に基づいた援助も必要とします。

“state-of-the-art”の語源は?
ご存知の方も多いと思いますが、英語で「最先端の」「最新技術の」と語るとき、“state-of-the-art・・・”という美しい響きの言葉が形容詞的に使われることがよくあります。当たり前のように使われていますが、技術にも使われることに最初はどうして?と不思議に思った方も少なくないんじゃないでしょうか。実は、アートの語源そのものが人間の「技術」を意味するものであり、幅広い分野での人間の「技」を示す言葉として使われていたようです。ジャン・ジャック・ルソーは、1762年刊行の著書で幼少期には“知識を与える前に、諸器官を完成させよ”と感覚器官を成熟に導くべき鍛錬の重要性を言っています。

現代は子どもの知的好奇心ばかり優先して技術的な発達が追いついていないか、または内発的なモチベーションや個々のペースを無視して身体を育てているような環境に偏りがちです。「グリット=やり遂げる力」はこのような方法では培われません。手指や足もとにおいて十分な基礎技術をもち、自信とモチベーションの発達が成熟を迎えた時、グリット(やり遂げる力)は自ずと現れます。


<参考>




やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

アンジェラ・ダックワース
ダイヤモンド社
2016-09-09










最後の夏

毎夏恒例の全身アート「ボディペインティング」を今年も行いました。
床一面に敷きつめられた大きな白い紙を見ながら、子どもたちは、男の子はパンツ一枚、女の子はパンツとシャツで今にも飛び込んでいきそうな勢いで待ち構えていました。
絵の具も、今年は5色に増やすことを担任の先生たちが決めたようで、四角いプラスチックケースの中に水と一緒に混ぜてたっぷり用意されていました。

担任が注意事項をお話した後、「みんなも絵の具になってしまっていいからね!」と始まりの合図をすると、子どもたちは俄然やる気になって絵の具が入っているケースに飛び込んでいきました。子どもたちは、手足に絵の具をぬったり、体の様々な箇所でスタンプをしたり、寝転んで回転したり、絵の具と一体化して遊び込んでいました。おしりをそのままケースに入れて、スタンプをしている子もいました。床一面に広がる色鮮やかな表現は、筆では表せないものであり、みている私たちがうっとりするほどきれいな作品でもありました。


毎年年長の子どもたちには「小学校へいったら、あまりこのようなことはする機会はないから、今日は思い切り楽しんでね!」と声をかけます。そして「大丈夫!汚してもいい服だから」という言葉がけも忘れません。事前に保護者の皆さんの理解をとりつけておくだけでなく、それを子どもたちに伝えることも重要です。

豪快に、無邪気に遊ぶ幼児らしい姿は、みていてもとても気持ちのよいものです。体を絵の具ベッタリにしても、その過程の方法や表現には一人ひとり個性があって違い、自分らしさを発揮しています。まれに汚すことが嫌いで参加したがらない子もいますが、それはそれで強制しません。子どもたちは様々なことを見たり、触れたりしながら、自分は何が好きか、何がしたいのか分かるようになります。参加をしないという意思も「主体性」や「自立」への過程のひとつです。もちろん、援助者は常に何回か誘いはしますが。

最後の記念撮影は絵の具だらけになった体で紙の上に寝転んで、みんなで行いました。今年は習い事を休んで参加した園児もいました。卒園生の中にも、この日のことをいつまでも覚えている子が多くいます。全身で大胆に、躍動的に表現する中で、自分の可能性の大きさに気づいた園児も多かったことでしょう。


IMG_3611





Scoop “Somen” flowing in bamboo


DFJtSbcUwAAeeHD

“Nagashi-somen” is fun eating event in summer. We, Japanese like this opportunity since it contains wise way of enjoying meal in hot summer and makes you feel with season poetry from its nature story. It is said that Nagashi-somen was begun in Kyusyu district with green bamboo and water trickling out of rocks while they were engaged in farm work.

“Somen” is thin white Japanese noodle made from wheat flour. Japanese usually eat this by dipping with soy sauce based soup. “Nagashi-somen” is the activity to scoop somen flowing with water in bamboo by using chop stick or fork. Our kindergarten has this opportunity every summer. Child devotes himself or herselfto scoop somen with cup in one handand chop stick or fork in another hand overand over again. After they are succeeded,soup is poured in their cup so thatthey can dip somen and start to eat at their seat. This year, one of parentsgave us hand-stretched somen of Shodo Island. It was extremely delicisous.


Many children including participants from overseas enjoy this activity by saying “Iam very happy”.Some child who participated into the event for the first time said “ noodle was swimming in water slides ! ”



For child who says “I want to enjoy it again at home ”

Sample:


【青竹】流しそうめんセット(水路3m+竹脚)


米国発、ハンドスピナーの魅力と効果

私の園では“ショウ・アンド・テル”というスピーチタイムを設けており、お話をする当番の子が自宅からお気に入りの本、写真、服、電子機器などあらゆるものを持参します。特に海外生まれの玩具や絵本には“こんなものがあるんだ~!”と驚くことがあったり、時には大人でも欲しい(やってみたい)と思ってしまう魅力的なものまであります。


Fidget Spinner Toy ALLDO 指スピナー ウィジェット ハンドスピナー スピナー ADHD子供 大人に適用 ストレス解消 ポケットゲーム 三角プラスチック 人気 おもちゃ セラミック軸受超耐久性の高い高速度-レッド
ALLDO

先日、年長の男の子が持参したもので「すごい!」と目を丸くしたのが、これです。その子に「これ、なんていう名前なの?」と聞くと、「ハンドスピナーだよ。アメリカのおもちゃだよ」と言われました。調べてみると、米国発で大人気のようです。中央の部分を指ではさんで回すと、今までに見たことのない回転力でとにかくよく回り、床やテーブルの上だけでなく体にのせても同じような回転力でまわる姿にとても驚きました。(「指スピナー」とも呼ばれ、英語ではfiget spinnerと言われているようです)
私は日頃から「手指を動かす」動機を与える遊び道具には発達上大きな関心をもっているので、どれほど普及しているのか、誰が発明したのか、調べてみたくなりました。そうしたら、元々「重症筋無力症」の子ども向けに考案されたものであるようで、更に興味深い発見がありました。

●“大人気「ハンドスピナー」は異例ずくめだった”<東洋経済>
http://toyokeizai.net/articles/-/180497

●“ハンドスピナーは2017年の必須のオフィス玩具”<フォーブス>
https://www.forbes.com/sites/jplafke/2016/12/23/fidget-spinners-are-the-must-have-office-toy-for-2017/#7c26acd118a4

これを回して見ていると精神的に「落ち着く」「集中力が増す」というリフレッシュ効果もあるということも大変よく理解できます。皆さんも経験があると思いますが、勉強の合間に指のうえでペンを意味もなく回したり、バスケットボールをする人なら練習中にひとさし指の上でクルクルとボールを回してみたり、テニスや卓球をする人ならラケットを何気なく回転させてみたりしている動作ともよく似ています。無意味な動作にみえることが実は気分転換や心の落ち着きに役に立っているのです。
「自閉症やADHDのカウンセリングにも有用」という効果も(使い方によって賛否はあるようですが)一定以上あることを共感します。自分で操作し、動いているものをみていると、落ち着くという子どもも多いのではないでしょうか。幼児期初期の手指の発達や、特に子どもによってはあまり粘土やクレヨンなど、手指に力をこめる遊びに興味をもたない子もいるので、そうした子への発達誘導としてもよいかと思います。



こんな変わった形のセラミックモデルもあるようです。どのように違うのか試してみたくなります。笑
一方、注意しなければならないこともあるようですので付け加えておきます。また、本体が破損したときにベアリングが飛び出ると、子どもが誤飲したり、目の怪我につながるような事例もあるとのことです。安価なものほど注意が必要かもしれません。


●“ハンドスピナー事故対策!子供の誤飲&ケガを防ぐハンドスピナーの選び方!”
http://bilingual-ikuji.com/prevent-fidget-spinner-accidents/




高い安全性をアピールする、作りのものもありました。



また、米国では「ハンドスピナーは授業を妨害するため、学校へは持ち込み禁止」と決めたスクールもあるようです。子どもがどのように使うかについては、ある程度大人が関わることが必要そうです。

Fidget spinners are being banned at more and more schools across the country
http://time.com/money/4765188/fidget-spinners-ban-schools-classrooms-teachers/




author
著書
「世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる」
記事検索
アーカイブ
コンタクト