毎年、保護者さんの中で医師をされている親御さんにお願いし、子ども達が興味を持っている“からだの内側を探検する”機会を持たせてもらっています。今年は、年少の園児のお父さん、お母さんがお二人でお医者さんの白衣を着て、子どもたちの前でからだの中のことについて図鑑や絵本を手にしながらお話をしてくれたり、聴診器を持参して子ども達が自分や友達、先生の心臓の音を聞き合えるようにしてくれました。

いくつか持参いただいた聴診器で子ども達が“ドックン”“ドキドキ”という音が聞こえたと確認し合う中、年長児から「僕は“スースー”って聞こえた!」と違う意見が上がり、先生が場所(心臓・肺・腹)によって違う音がすることを丁寧に説明してくれました。そうなると、子ども達の好奇心はみるみる広がり、年少の子たちまで含めて「お尻は(聴診器あてても)音がしない!」「足はする?」「頭は音がするの?」等、次々と展開されていきました。聴診器で自分や友達の心臓の音を毎年聞かせてもらっておりますが、場所によって音が違うことまでみんなで発見できたのは初めてでしたので驚きました。年長の子が人と違う自分だけの意見を堂々と言ってくれたことで参加している全員の興味レベルが上がり、発想も広がりました。人と異なる意見を堂々と言える雰囲気作りの大切さを改めて感じました。

子ども達から先生への質問では「なぜ人間には骨があるのか」「なぜうんちはでるのか」「なぜ男の人は赤ちゃんを産めないのか」「なぜ人間は足があるか」等、大変興味深いものばかりでした。毎年、赤ちゃんの誕生に関した質問が出るのも興味深く思います。先生はとても分かりやすく、ゆっくりと丁寧に答えてくれました。

6月に行った「歯について学ぶ」体験活動では、子ども達はそれをきっかけに見通しが持てるようになったためか、今でも虫歯になりたくないという意欲を強く維持できるようになったり、自主的に歯磨きをしたりする姿が増えました。単にお医者さんではなく、“友達のお父さん、お母さん”がそれをしてくれたというのも子どもにはかなり影響力があったと思います。体験はそのもの自体も素晴らしい価値を持ちますが、その後の日常生活や保育活動をどのように意識して展開していくかで子ども達の思考力や想像性の広がりは全く違いますので今日の機会も明日以降のあり方を大切にしながら、子ども達からどんな発想や興味の発展が出てくるか楽しみにしたいと思います。

018