*サイエンス活動における講師の先生の手記をそのまま掲載します。

<本日の実験概要と子どもたちの様子>
先生が子どもたちに見せたのは、本物そっくりのイクラの軍艦巻き。「あ!イクラだ!」「私も作りたい!」と早速食いつく子どもたち。
「プラスチックビーカー」に入った水に、「塩化カルシウム」という特別な薬を溶かして自分たちで試薬を作りました。
「白いカルピスみたい!」「全部溶かせた!」「溶けたら透明になった!」など、先生にたくさんの「わかった!」を投げかける子どもたち。
自分で試薬を作る体験を通して、「溶ける」という概念を体験していただけたと思います。

次は人工いくらの素を準備します。「アルギン酸ナトリウム」水溶液に、赤・黄・青の絵の具で自分の好きな色を付けました。

いよいよ、人工いくら作り。「アルギン酸ナトリウム」の水溶液を「スポイト」で吸い取り、一滴ずつ「塩化カルシウム水溶液」の中に落とします。
塩化カルシウム水溶液の中に落とした瞬間に丸いイクラの形ができるという変化は子供たちの心をわしづかみ。
「うわぁ!!すごい!!」と、歓声をあげながら、真剣に集中して取り組んでいました。
子どもの集中力はすごいですね。

015

初めて使うスポイトも、何度か試すうちに、とても上手に使うことができるようになりました。

自分で作った様々な形の人工いくら。「おうちの人に見せる!」ということだったので、「絶対に蓋をあけない」、というお約束をしっかりして、自分だけのいくらを容器に入れて持ち帰ることになりました。

#お持ち帰りいただいたものは、誤飲や目に入ったりすることのないよう管理いただき、観察後は、液体は流しなどで多量の流水と一緒に流し、固形物は燃えるごみと一緒に廃棄をお願いいたします。

017

【講師略歴】 柳田真樹子
東京大学大学院(工学部)修了。大手メーカーにて環境装置の設計開発に従事している中で、子どもの教育に体験型授業が必要であることを実感。
教育ベンチャー(株)ウィル・シードにて、全国の小中学校を対象にした特別授業(トレーディングゲーム授業)の運営や講師を務める。
その後、(株)ベネッセコーポレーションにて、小学生向けのサイエンス教室の立ち上げ・プログラム制作・講師育成に従事し、独立。
現在「こどもみらい工房」代表。民間学童などで科学実験教室や算数実験教室のプログラムを提供している。