園ではもうすぐ秋の親子スポーツピクニック会 “フェット・デュ・スポール” があります。マイクなし、BGMなしの環境の中、親子で運動遊びを楽しみながら、“競争”と“共創”に親しんで家族間の交流を楽しみます。9月に入ってからの屋外遊びでは環境設定の中に大道具を使ったり、直線や曲線を思い切り走れる工夫をしたり、援助や指導のあり方も環境の一部に含めて子ども達が自ら意欲的に環境に入れる工夫をしながら毎日を送っています。当日は何名かの卒園児の皆さんも参加してくれることになり、とても楽しみです。
以下は、園の保護者の皆さんにお渡ししたプリントから抜粋したものです。

なぜ「運動会」と違うの?

「運動会」での子どもの姿は確かに感動的ですが、その姿を見せるまでの過程には子どもよりも大人が主体となって形をきめ細かく指導し、自発的ではない受け身的な練習を続ける毎日があります。当園では子どもがどんな場面でも内発的動機づけで自分の興味を発展させ、自分で工夫する努力の積み重ねが楽しく、労苦ではないと感じる資質を持って幼児期を終えることを最も大切な目標にしています。運動能力面における成長や成果については、このF.D.S.ではなく、「発達における到達度レポート」および体操活動の公開日(年2回)にて、そこで説明させていただいております。

それで「協調性」や「競争心」は大丈夫なの?
遊戯や行進、整列でみんなに同じ動きを訓練することが「協調性」を高めることになるでしょうか。協調性とは他人の感情を自分に置き換え、自分と違う他人と共有、共存できる部分を繰り返し見つけようとする作業から生まれます。日本では教育関係者までも「協調性」と『同調性』の区別がついていないことが多い現状です。
「競争心」は煽らなくても誰もが持っている生存本能プログラムです。自分が積み重ねた実力もない段階で人に勝つことを褒められたり、喜ばれたりすれば常に自分より弱い相手を探すようになります。当園ではどんな場面でも“昨日までの自分に挑戦し、自分に勝つことが楽しい”と感じる「ラーニングゴール志向」を大切にしております(それが、結果的に多くの人に勝つということにもつながります)。将来大きな世界で競争する時のためにも評価の軸を他人との比較ではなく、自分自身に持てるようにしています。