園児の皆さんが3月に卒園をする時、アトリエで先生の指導のもと「楽しかった思い出」の絵を描いていますが、毎年何人かの子は伸び伸びと外遊びを楽しんだ様子を描いてくれて嬉しくます。また、今年の入園式では年長の子が一年間で楽しかった思い出として外遊びでのお友達との様子を絵にして発表してくれました。定期的に他園から来る子の中には広い公園で遊べることを楽しみに来てくれる子もいます。
これまで長い時間外遊びができる職員配置や年間の活動運営に工夫を重ねて参りましたが、今では職員たち自身が子ども達を屋外で伸び伸びと遊ばせた方が知育や表現活動でも飛躍すると実感してくれています。毎日天候によって自主的にスケジュールを組み替える等、臨機応変な対応をしてくれることにも大変感謝しています。また、いつも一番最初に公園に着いたり、一番最後までいられたりできるのも、登園時間への協力や行事練習に余計な時間を費やさないことへの理解など保護者の皆さんによる協力も大きく、カリキュラムの充実はみんなの力でそれを達成できていると感じています。結果として一年中様々な体験活動や知育活動がありながらも、外遊びがたっぷりと出来る習慣と体制が出来上がりました。
人間とは不思議なもので便利なものが目の前にあると大して有効に使わず、それがないと何としても得たいと努力するものと感じます。もし小さな園庭が目の前にあったらこのようなことにもならなかったのではと感じます。

外遊びは子どもにとって創造性や人間関係など様々なことを試行錯誤しながら学ぶ実験場であり、滑り台も上から下へ降りるだけのものではなく、下から上へ登る子もいることでどんな場合にはどちら側が優先か等、最初は援助されながらも自分たちの身体感覚で分かるうようになってきます。このような感覚がコミュニケーション能力の基礎ともなります。小学生になって簡単に友達とぶつかったり、意見の違いを乗り越えられなかったりするのは、幼児期にこのような経験が少なかったのではとも感じます。大きくなった時に園の名前を忘れても“小さい時、広い場所で思い切り遊んだ!”とは記憶にあるようにしたいと常に思っています。


008