清々しい秋らしい天気の日が続いています。子ども達にとっては長い夏がやっと終わり、一年で一番快適に伸び伸びと外遊びを楽しむことができ、心身の発達が促される時期です。
しかしそんな中、秋に運動会がある多くの幼児や児童はその自由を拘束され、毎日毎日“練習”に時間が費やされます。「やだー」「やりたくない」と言える子や言う子はまだ良い方であり、先生の情熱や親の期待に応えようと多くの子が自らその型にはまろうとします。「子ども達が楽しんでいるから大丈夫」という教育者もいますが、そのような心理が前提にあることを意識し、また、受け身で楽しんでいることと自らが主体的に環境に働きかけて楽しんでいることでは、教育価値において全く違うという基本も思い出して欲しいと思います。
「運動会」は子どもの情熱を大人が汲んでいるというより、大人の情熱を子どもが汲んでいると言えるのではないでしょうか。日本で小中高という長い学校生活を送る上ではそういう大人の情熱や感情を汲めるような子の方が過ごしやすいかもしれません。逆に言えば、幼児期に行う「運動会」の練習は、日本の小中高の学校生活に適応する上での事前訓練として優れた手段でもあるかもしれません。しかし一方、日本もこれから主体的に学習できる子を育てようという教育方針の転換点にある時、そのような習慣は有効でしょうか。今既に大人になって社会に出た時、ギャップが大きいのはこのような点にあるのではないでしょうか。文部科学省の推進するグローバル人材の育成、または生きる力の強い人間を育てるには、根本的にこうした行事のあり方こそ見直さなければならないと感じます。日本の行事は見る側の保護者にとってはたった一日のことですが、子どもにとってはその前一ヶ月ぐらいの学習様式(学びのスタイル)を支配するものであります。

私の園でも毎年、マイクなし、BGMなしの環境の中でスポーツ行事をしています。親子で運動遊びを楽しみながら“競争”と“共創”に親しみ、家族間の交流を促進することを目的に開いています。運動を目的にした集まり自体を否定する気は全くなく、それどころか昨年は組体操を行い、今年はバルーンも上げます。それなら「あまり『運動会』と変わらないのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、前提が全く違います。行事の前提が、(大人が主導する)行事を通して自発的な協調性や団結力が育つことはないと考えるため、“みんな一緒に同じことを”という束縛がありません。また、“ショー”としての機能を排除することで無駄な時間を費やさなくて済みます。保護者の皆さんに与える一時的感動は少なくなりますが、逆にその分、子ども達は一年で一番過ごしやすい秋の時期に一ヶ月間伸び伸びと過ごすことができます。9、10月は集団生活が軌道にのり、保育士や教諭も子ども一人ひとりと信頼関係が出来、それぞれの特性が見え始めたり、新たな分野で力を発揮し出す姿も表れたりする時期です。心身共に成長期であるこの時期に適切な環境を与え、子どもに健全な成長を促すことで保護者の皆さんとは喜びを共有したいと思っています。


以下は、園の保護者の皆さんにスポーツ行事の主旨を説明するため、毎年お渡ししているプリントから抜粋したものです。


なぜ「運動会」と違うの?
「運動会」での子どもの姿は確かに感動的ですが、その姿を見せるまでの過程には子どもよりも大人が主体となって形をきめ細かく指導し、自発的ではない受け身的な練習を続ける毎日があります。当園では子どもがどんな場面でも内発的動機づけで自分の興味を発展させ、自分で工夫する努力の積み重ねが楽しく、労苦ではないと感じる資質を持って幼児期を終えることを最も大切な目標にしています。運動能力面における成長や成果については、このフェット・デュ・スポールではなく、「発達における到達度レポート」および体操活動の公開日(年2回)にて、そこで説明させていただいております。


それで「協調性」や「競争心」は大丈夫なの?
遊戯や行進、整列でみんなに同じ動きを訓練することが「協調性」を高めることになるでしょうか。協調性とは他人の感情を自分に置き換え、自分と違う他人と共有、共存できる部分を繰り返し見つけようとする作業から生まれます。日本では教育関係者までも「協調性」と『同調性』の区別がついていないことが多い現状です。
「競争心」は煽らなくても誰もが持っている生存本能プログラムです。自分が積み重ねた実力もない段階で人に勝つことを褒められたり、喜ばれたりすれば常に自分より弱い相手を探すようになります。当園ではどんな場面でも“昨日までの自分に挑戦し、自分に勝つことが楽しい”と感じる「ラーニングゴール志向」を大切にしております(それが、結果的に多くの人に勝つということにもつながります)。将来大きな世界で競争する時のためにも評価の軸を他人との比較ではなく、自分自身に持てるようにしています。