“お気に入りのものを持参し、原稿なし、練習なしで80秒間、みんなの前で台に乗ってスピーチする” この活動を実施し始め、3年目となる中でついに「何も持って来ないでスピーチしたい!」という年長さんが今週、表れました。

ショウアンドテルでは、最初のうちはみんなに見せたいものがあるからとお気に入りのものを持参するものの、見せるだけで満足してしまい、お話をあまりしない子どもたちの姿も多くありました。しかし、回を重ねるに連れてお話しないと伝えられないことがあることに気づき、みんなの前でお話ができるようになっていきました。

今週、なにも物を持参しないでスピーチをしてくれた年長さんは、自宅で飼っているおたまじゃくしについてその様子や知っていることを細かくお話してくれました。(私は直接見ていないのですが)時間制限を越えて2分以上、堂々とお話していたようです。ひとつのことについて、何も見ないでそれだけの時間お話するには、興味の幅が広く、深く思考できる習慣がなければできません。きっと、そこに対する自信があったからできたのでしょう。お話のみで聞く側の幼児を集中させることは大人でも難しいことです。

年長の子どもたちは、年少だった時から毎日お当番がスピーチする光景を“当たり前”のように見てきました。自分たちに順番が回ってきた時には、もう心の準備が自然に出来ていました。大切なことは、毎日の生活の中で一人ひとりの気づいたことや求めていることにしっかりと反応して上げ、共感的な態度で言葉を添えて上げることであり、そのような体験の積み重ねがみんなの前でお話することの楽しさにもつながっていることと思います。