先週、さいたま市の認可保育園でプール遊びの最中、4歳の園児が亡くなるという、とても悲しい出来事がありました。

●「片付けで目離す=保育園プール4歳死亡-さいたま」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082600480&g=soc


私の経験上ですが、日常の保育中、子どもが怪我または怪我をしそうになる“ヒヤリ”とする出来事は、職員の「準備中」「片付中」に起こることがかなり多いと感じています。先生が子どもたちを見ていないからというだけの理由ではなく、先生自身がソワソワしている時は、子どもたちもソワソワしがちだからです。
先日、夏まつり会場を下見した際にも、“ここで保護者が準備している最中に子どもがいたら、その興奮度から危ない”と直感的に思い、直前にも関わらず開始時間を遅らせ、準備中は園で子どもたちを預かることに徹底しました。保護者の皆さんには二度手間をかける措置を、急遽取らせてもらいました。

しかし、今回のさいたま市の保育園の死亡事故は、現場の保育士が「片付け」をしていたことだけが原因なのでしょうか?現場の職員にも業務上過失致死を視野に警察で調べているとの報道です。確かにプールの最中に一分間目を離すということはしてはならないことですが、気温と時間帯の関係、園児の年齢と職員の人数比、設備の適性度などからも再発防止のために十分検証されるべきだと思います。

24日は夕方でも30℃を越える予報
今回のプール事故について報道された時、私の園も翌日プールを予定しておりましたが、それより、夕方も気温が下がらない予報が出ている夏まつり会での「熱中症」の方が心配になりました。また、午後3時半というのは職員も疲労がたまり、集中力が切れる時間です。
こちらの保育士の方のブログをぜひご参考いただければと思います。「仮説」として触れていますが、現場のことをよく知っている実践的な知識も豊富な方のブログです。

●「保育園でのプール事故について。」
http://blog.livedoor.jp/gacha_5/archives/3446921.html

3~5歳児19名に保育士2名の危険度
この人数比について、「人員不足のため」と思われている方もいるかもしれませんが、これは厚生労働省および自治体の『基準内』です。基本的に異年齢環境というのは、怪我のリスクが同年齢環境よりも高く、より手厚く「非効率な」人員配置を必要とします。わたしの園は異年齢環境が教育上の特徴ですが、プールは同年齢もしくは習熟度レベルが近い子同士のみで入っています。
また、19人の子どもがいれば、一人か二人はその中に必ず特に注意しなければならない目を離せない子が大体どの園やクラスにもいます。つまり、職員2名であれば、片付けをしていなくても、一人がその一人か二人を見守り、あと一人で残りの17、18人を見ることになり、誰かが「先生、おしっこ~」と言えばその時点で誰も見ていない子たちがいる状況となります。業務上過失致死の容疑が現場の一保育士に向けられるとすれば、厚生労働省や自治体にはその責任がないのでしょうか。

設備の適性度
今回のプールは手づくりのものということ。ダイナミックに水遊びする楽しそうな写真をホームページのトップで紹介している様子から、多くの方が意見されていた「予算がないから仕方なくつくって可愛そう」とは、(本当のところは分かりませんが)最初のきっかけは仮にそうだったとしても、少し違うような感じもします。いままではずっとこの園の素敵な遊び環境だったのかもしれません。しかし、19名の異年齢の子どもたちが2名程度の保育士の援助で安全に遊べる環境だったのか、床面やつかまる場所などに落ち度はなかったのか、残念ですが、厳しく検証されるべきだと思います。


どうすれば重大事故を防げるか?

ハインリッヒの法則_svg(画像出典先 ウィキペディア)

「ハインリッヒの法則」というデータ的定義があります。1件の重大な事故の下には、29件の軽微な事故があり、その下には300件のヒヤッとする事例が存在しているというものです。

プールの話ではありませんが、先日の夏まつり会では、園で一度もやったことのない「花火」を行いました。子どもたちは「火」をみると、本能のようにみんな一気にろうそく目がけて押し寄せてきました。卒園児たちもいたので全部で30名ぐらいです。よりによって職員が帰った後であり、お母さん方はお店コーナーの運営で疲労度がピークに達している時間帯であり、大慌てで対応しながら数名のお父さんがいなければ大怪我にもつながりかねないヒヤッとする状況がありました。そして、来年に向けては完璧な運営方法を考え、皆さんとシェアしようと決めました。
保育や子育てをしている中では、必ず「ヒヤッ」とする場面があると思います。「ない」という人がいれば、余程子どもを抑えつけているか、鈍感な人だと思います。この「ヒヤッ」とする段階で我慢せず、後回しにせず、隠さず、みんなと共有して対策を実行すれば、かなりの確率で大きな怪我や事故は防げると私は信じています。大切なのは行動です。
私も決して完璧ではありません。みなさんと共に日々改善に励んでいる一人です。今回のような悲しい事故が二度と子育ての現場で起こらないよう願いながら、自分自身も常に過信しないよう努めていきたいと思います。