この度、初めての著書が光文社さんから発売されることになりました。本日、アマゾンにも情報がアップされ、予約受付が開始されたようですので、どうぞよろしくお願い致します。

今回の本では、家庭での子育て、教育・保育現場での子育ての両方において皆さんのお役に立てるよう、6才までの教育と幼児期の驚くべき成長を、理論とエピソードで紹介しています。
子育ての方法は各家庭で違ってよいと思います。本書はカリスマのような子育てメソッドを紹介したり、園の話を自慢気に紹介したりするようなものではなく、理論を皆さんがイメージしやすい形にしてわかりやすくまとめ、方法は皆さん自身が考えられるようにしたものです。
商業出版の編集によって、わたしの拙い文章は生まれ変わり、大変読みやすくなっています。笑

また、幼児教育は人間の本能や本性に触れるため、大人社会における人材育成においても通ずる部分が結構あります。その辺りも意識して編集されておりますので、部下をお持ちの社会人の方、リーダーとして人を育てる役割を担っているビジネスマンの方等も、ぜひお読みいただければと思います。

わたしは幼児教育に従事する中、人格形成には遺伝や個人差さえも乗り越えてしまう部分に「法則性」があることを実感し、その興味を深めて参りました。子育ては先の見通しをしっかり持っていれば、心配しなくてよいことが多く、逆に弱みと思っていたことが強みにできたりもします。特に子育て真っ最中の方や将来される方、また、教育や保育の現場にいる皆さんには「今すぐ」届けたい気持ちです。

理論がわかりやすい状態で頭に入っていれば、方法はもっと自由に、つまらないことにこだわらず、おおらかに子どもに接することもできるようになります。幼児期の子育てはどの家庭や園でも苦労が多いのが当然ですが、その分、やりがいや喜びも大きなものがあります。(本書は6歳までの幼児教育について書いていますが、小学校低学年でも発達段階的にまだ間に合う部分は多く残されております)

*タイトルは出版社さんにて「世界基準の幼稚園」と名付けられました。

*お世話になっている皆様へ。畏れながら「献本」は一切どなたにも致しません。本の値段より、読書にかかる皆さんの時間コストの方が遥かに高いからです。ですので、よろしければぜひ買ってくださいね。笑

よろしくお願いいたします。


以下、クリックするとアマゾンのHPへ飛びます。
「世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる」
“型にはまらない子にする18の理論”



幼児園First Classroom世田谷 入園説明会
http://firstclassroom.jp/free/boshu

保育士・幼稚園教諭向けの研修やセミナー
http://goodeducation.tokyo/