1e4351bb6d5a8198d6a627cd75da9cf5_s
今年も、小学一年生の卒園生たちが冬休み中、在園児たちに小学校の紹介をするために、園に来てくれた。ランドセルやバッグに自分の見せたいものをみんなギッシリと詰め込んできてくれ、有難い。


今年の卒園生たちは「ショウ・アンド・テル」を開始したときから1年半それを経験してきた初めての子どもたち。久しぶりに来園したにも関わらず、当たり前のように椅子の上にたち、じぶんの言葉で語り始める。教科書や作品をみせるときも、じぶんの捉え方やじぶんの感じ方を大切に話す姿には「成長したね」という言葉より、「変わらないまま、更に伸びたね」と声をかけたくなるほどだった。

公立も私立もみんな違う学校に通う子どもたちだが、それぞれが学校や授業の特色をスピーチしているのではなく、「じぶん」を柱に主観的に話ができる姿にはかなり驚いた。中には前日に親が「何を話すか練習した?」と聞くと、「だいじょうぶ、いつも考えながら話しているから」と言った子がいたり、「学校でお話する時は他の子たちはみんな原稿をみながら話すのに、うちの子だけ何も原稿用意しないで話すんですよ」という保護者もいた。


“じぶんを柱にして話を展開する”。実は、これが一番日本人が苦手としていることであり、海外の学校では逆に評価される(というよりそれがないと全く評価されない)ところでもある。(という私自身も、昨年著書の原稿を提出した際には、編集者から「もっと自分のことや自分の園のことを書いて下さい!」「重要なのは何を書くかではなく、“誰が”何を書くかなんです!」と何回も注意された。)

世界ではスピーチに限ったことではなく、作文も同様であり、日本のように事実を客観的に表現したり、他人の気持ちを述べたりするだけでは評価されない。常にじぶんと人、じぶんと環境や社会の関係を小学生時代から問われ続け、一流大学の入学試験にも大きな影響を与える。

今回、銀行から融資を受けて「こども手帳」を作りたかった理由のひとつは、幼児のためだけでなく、小学生に対して毎日の生活の中で「じぶんを柱にして表現すること」をやめず、続けてほしいという想いがあったからだ。「やりたいことで人生をデザインする」というのは、放課後にやりたいことをやって欲しいという意味ではなく、学校と切り離して考えてほしいという意味でもない。


イギリスの劇作家、ジェームズ・バリーはこんな名言を残している。

The Secret of happiness is not in doing what one likes, but in liking what one does.
「幸福の秘訣は、自分がやりたいことをするのではなく、自分がすべきことを好きになることだ。」


今年は小学校高学年~中学生向けの手帳を開発して世に出すことを計画しているが、卒園生の姿をみて益々やる気になった。大人として自立するまでの過程を一冊の手帳で支えることができたらこの上ない喜びである。




『世界基準のこどもてちょう(親子レター帳・シール付き)』専用サイト
*1月19日まで特別価格で受付
techoforblogimage





世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)