IMG_5170
8年ほど前、ひとりの園児の「缶のリサイクルはどこでやってるの?見てみたい」という要望に応えるため、その場所を探したところ、園からそれほど遠くない場所にあることが分かりました。見学をさせてもらえるか電話をすると、創業者の社長さんが「うちは見学用のコースも、柵も何もないので危なくないか、まず見に来てほしい」と言われました。

訪ねてみると、そこは住宅街の中。ここに88万人の人口を抱える世田谷区の7割の缶が集まるの?と、まず驚きました。限られたスペースの中でトラックの積み下ろしから缶の選別、圧縮、運搬まで実にコンパクトにすべての機能が納められ、工場自体が防音対策まで含めて手づくりで試行錯誤のうえに作られたことがはっきりと分かるものでした。私としては、外資系企業に勤めて初めてマックをみた時以来の衝撃と感動でした。(マクドナルドのことではありません・・)

IMG_5180
園は少人数のこともあり、また子どもたちは屋外行動には慣れていることもあるので、それ以来、この臨場感あふれるリサイクル工場には定期的に見学に行かせてもらっています。職員の方々が子どもたちとの対話も大切にしてくれるので、毎回みんな生き生きと質問し、じぶんの生活と社会とのつながりについて興味を広げる機会にもなっています。

話がもどりますが、私はこの工場を見て、創業者の社長さんと話をさせてもらってから、「補助金がない」「環境が限られている」などをマイナス面と捉えることをやめようと決めました。当時起業したばかりの私にとってはとても勇気づけられ、地域で始めた事業がやがては公の役割まで担っているという点において、今でも目標にしています。私自身、毎回園児たちと訪れることを楽しみにしており、質問力旺盛な子どもたちの隙をみて、質問をさせてもらっています。

最近は起業家を養成しようとする補助金型のプロジェクトがつくられており、それも一つの方法として良いのですが、そもそもゼロからイチをつくるという能力は環境支援によって作られるというものではないと思います。様々な業種で偉大な創業者の方々をみると、むしろ環境に恵まれなかった人の方が多いと感じます。今回の「下町ボブスレーの騒動」(ジャマイカチームは、日本が補助金を費やしてプロジェクト化して提供したそりの使用を拒否し、ラトビアの小さな町工場で作ったそりを採用しようとした)は、正にそれに通ずる典型例ではないでしょうか。これでラトビアの小さな町工場が有名になることこそ、素晴らしいことだと思います。

高校生や大学生になって、もしアントレプレナー志向が強くなったら、ぜひまたこの工場に自分でアポイントをとって訪れてほしいと思います。きっと違う視点からみえてくることがあり、大いに参考になると思います。


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

“好きなこと、やりたいことで、人生をデザインしていける習慣を”
『Firstbook 世界基準のこども手帳』
*画像をクリックすると専用サイトにつながります。
techo0227


『世界基準の子育て講座(第1回大阪)
~6歳までの子育てベストアプローチ~
4月21日(土) 大阪 受付開始しました
https://firstbook.shop-pro.jp/?mode=srh&cid=&keyword


*「世界基準の幼稚園~型にはまらない子にする18の理論(光文社)」 第2刷が配本され始めました。
光文社の販売サイトはこちら