#3月7日(水)19時にも2回シリーズで出演させていただきます。
2月28日(水)19:00 TBSラジオ
THE FROGMAN SHOW A.I.共存ラジオ 好奇心家族
「あしたのトリセツ」~AI時代の新たな教育について


・STEM教育の重要性が広く知られてきているが、どのように考えるか?
・20年後のリーダー育成のために、幼少期の教育が必要なのか?
・幼児期に身につけておくべきこととは?
・子どもたちを取り巻く環境が大きく変化をしていく時期に、First Classroomではどういった取り組みに力を入れているか?、等について、お話させていただきました。
放送終了後、多くの方から「聴きました!」とメッセージをいただきました。園でお世話になっているヴァイオリンや書道、体操、アートの講師の皆さんからも頂きました。お聴きいただいた皆様、どうもありがとうございました。


本番前、パーソナリティのFROGMANさんの声にうっとりとしていると、「本番です。ど~ぞ」と重い扉が開き、アナウンサーの伊藤楓さんの隣に座りました。番組は、偶々、友人である中村一彰さん(STEMON教室代表兼小学校教諭)が一ヶ月前に出演していたので親しみを持っていました。


放送中、台本にはなかった感動的なことが二つありました。ひとつは、エンディングの曲が私の言葉や話の展開から急遽、「Let It Go~ありのままで~(アナと雪の女王)」に変更になったこと。台本にはスティービーワンダーのIsn’t She Lovelyと書かれていました。(もちろんこれも素晴らしい曲です)

007

♪「ありのままの~姿~」の曲は、3年ぐらい前、園の女の子たちを中心に一日50回ぐらい聞いていた曲であり、且つ、歌詞も園の保育方針と共通するところが多いため、グループ表現の場にも取り入れた思い出深いものでありました。上の写真がその時のものです。放送の日が偶々11周年の日であったこともあり、何かお祝いでもされているようでとても嬉しくなりました。同時に、ラジオの番組づくりにおける素敵な部分を発見しました!


また、もうひとつ、嬉しかったのは、番組プロデューサーさんが「Firstbook世界基準のこども手帳」に興味を示してくださり、放送の中で取り上げてくれたことでした。ご本人も、3歳のお子さんがいらっしゃるとのこと、「買わせてください!」と本番後にご注文をいただきました。
この手帳は「子どもに書かせる」ものではなく、小さな子にはお子さんの言葉を聞いてあげ、それをママやパパが書いてあげることで愛着が深まり、文字や言葉への興味も広がるものですので、それを正確に理解してくれたことにとても嬉しく思いました。

来週、3月7日(水)19時にもTBSラジオ、同じ番組に出演させていただきます。次回がシリーズ最後です。ご興味のある方は、ぜひお聴きください。



Firstbook 世界基準のこども手帳
“好きなこと、やりたいことで、人生をデザインしていける習慣を”

*画像をクリックすると専用サイトにつながります。
techo0227



フロッグマンさん、伊東楓さんと記念撮影


『世界基準の子育て講座(第1回大阪)
~6歳までの子育てベストアプローチ~
4月21日(土) 大阪 受付開始しました
https://firstbook.shop-pro.jp/?pid=128398215
1e4351bb6d5a8198d6a627cd75da9cf5_s



世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
第2刷が配本されました。
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)











にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村



にほんブログ村