昨年度、十分に信頼関係のある年長の子どもたちに言い続けたことがあります。「やりたいことを手帳に書いたら、先生(大人)にそれを求めなさい」と。

例えば“やりたいこと”として「サッカー」と書いても、先生がそれを知らず公園にボールを持っていかなければ、それは実現しません。また、「鉄棒」と書いても、鉄棒のない公園を先生が選択したらそれも実現しません。自分がやりたいことを心に抱いたら、言葉にし、子どもなりに人を動かそうと努力する必要があります。その背景には、小さなことでよいのでそれができる子になってほしいという想いがあります。こども手帳は、単に「やりたいこと」を書き並べるだけでは、達成感は得られません。6歳を過ぎた子どもたちには特に一段上の「行動力」を求めたいと思っています。

実際には、そこまでやりたいことが思い浮かばず、要求しない日が多いのですが、本当にやりたいことがある日や子は、しっかりと言葉にする姿が増えました。幼児期は、なにも考えずに一日が始まってもそれなりに楽しく過ごせますが、小学校にいったら違う環境になります。環境に流されないためにも、幼児期のうちに毎日「やりたいこと」のある習慣が大切です。

よく、入園説明会で“そういう子は学校で浮いてしまうんじゃないんですか?”と質問されます。しかし、それはありません。逆にいえば、先生の言いなりになるより浮くぐらいの方が、私は世界基準で考えるとよいと思っていますが、それでもそのようなことにはなりません。それは、対話と交渉は相手の意思と共にあるということを、幼児期にその対話が重視された生活習慣で育った子は身につけているからです。

先日、興味深い話が職員からありました。公園に行く際には職員が子どもたちの遊び道具をその時期の興味に合わせて持っていくのですが、まだ2歳半の子が、職員が砂場道具を持っていないことに気がつくと、「おすなする!」と強い口調でいったというのです。大きな子たちでも公園に着いてから何をしようかと決めることが多いので、職員はその2歳半の子の“強い意思表示”に慌てて砂場道具を取りに2階にもどったと聞きました。実際に公園につくと、その子は他の遊具には見向きもせず、一番奥にある砂場まで走っていき無我夢中で遊んだようです。

やりたいこと、楽しみなことをつくり出すのは自分です。小学生になった子たちには急な環境の変化で戸惑いもあるかもしれませんが、自分と向かい合い、学校内でも学校外でも楽しみを自分でつくり出して欲しいと思います。きみたちは、歩くこともできないほんの6、7年前、自分の主張をもって大声で泣いたり、叫んだりしていたのです。今は、幼児期に身につけた没頭力も自学自習力もあります。がんばってください。


『Firstbook 世界基準のこども手帳』 
4月から親子で始めるプロジェクト!
 対象:3歳~9歳ぐらい

*画像をクリックすると専用サイトにつながります。
techo0227

世界基準の子育てセミナー(大阪)
~6歳までの子育てベストアプローチ~
4月21日(土) 大阪(本町駅) *締切り間近
https://firstbook.shop-pro.jp/?pid=128398215
1e4351bb6d5a8198d6a627cd75da9cf5_s


世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
第2刷が配本されました。(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)









にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村