b9fbd965f751af100056ee0a91e22918_s
未来を担う多くの子どもたちのために、そして保育・教育界全体のレベルアップにも貢献したいと思い、保育研修の講師を幼稚園や保育園で務めています。7、8月は特に幼稚園からの依頼が多く、夏季期間にも関わらず皆さんの向上心に大変敬服しております。

私自身が指導支援する研修は保育(幼児教育)研修のみですが、時々、「マナー研修はやってくれないのですか?」という要望を受けるため、昨年から女性専門講師を採用させてもらい、マナー研修も受付を始めました。

このマナー研修。昨年、最初に私自身が園の職員と一緒に受けてみました。私自身がマナーが不足足しているからかもしれませんが、実に多くの気づきがあり、メモをたくさん取りました。言葉づかいのことよりも、「表情力」や「姿勢」「話の聞き方」など、少しの変化で相手の気持ちが変わるということは決して保護者に対してだけでなく、子どもへの保育対応にしても、同僚や部下に対しても同じだと学ぶ部分が多くありました。

研修では一人ひとりがスマートフォンや携帯電話のカメラ機能をもって表情チェックをしたり、二人でペアになってロールプレイをしたり、実技が中心です。これまでのところ、評判はとてもいいです。講師が厳しい表情をして叱りつけるようなマナー研修ではなく、和気あいあい笑顔があふれる研修です。そんな講師だからこそ、自信をもって依頼を受けています。依頼や問合せは今のところほぼすべて幼稚園からですが、私は保育園の先生にもぜひ受けてもらいたいと思っています。

マナー研修というと、外見的なパフォーマンスを学ぶように考えられがちですが、私はそうではなく形から入ることでむしろ心が鍛えられるというように感じています。また、その効果はサービスとしての即効性よりも、周囲の人間を育てるという機能にもつながると思っています。 「作り笑顔ぐらいできなければ、社会人として失格です!」とビシッと言い切る講師の姿には思わず笑ってしまいましたが。

ただ課題も感じています。「マナー研修を受けたい」という方々は大抵マナーがよくできている保育者であり、上司が「マナー研修を受けさせたい」と感じる、問題ある保育者は参加させてもあまり心に響きません。一人や二人だけのことでも組織にとっては見逃せないものと思います。マナー研修を、カウンセリングを含めた個別対応でも受け入れられればと思っています。


*「マナー応対研修」についてのご要望や質問はHPからお願いします。
新教育デザイニング株式会社
http://goodeducation.tokyo/contact