著書「世界基準の幼稚園(光文社)」の電子書籍版が、本日7月27日から発売(配信)となりました。海外に住む方で強く興味を持って下さった方は既に日本の友人や親せきから取り寄せて読んでくれたという声も多く聞きましたが、まだそこまでしていない方も多いと思われますので電子書籍化は念願のものでした。


私は、原稿を書き進めている時、特に中国や韓国、香港などの東アジアの方々の役にも立ちたいという動機づけが大きく働いていました。最近は、東南アジアでも“早期教育”が過熱化している傾向にあり、幼児期にしか身につけられない大切な資質や土台が作られていないのではないだろうか、と思うことが多くなりました。これでは英語やプログラミングのような領域で多少先行したとしても、単なる頭のいい子として将来の天井がみえてしまいます。これからはアジア諸国でも人格形成面での課題が後で問題にならないか心配です。

現実として、子どもにやってもらいたいこと、やらせたいことがしかも割と安価で手に入る時代となった中、“外遊び”や“食育”という時間や労力がかかることをやり続けるということは「勇気」がいります。また、周囲が月曜日から金曜日まで習い事でスケジュールが埋まっている中、自分の子には“自由時間”を与えるということも「勇気」がいります。“愛着”の大切さが分かっていても、すぐに成果が見えないから続けるには「勇気」がいります。その勇気を届ける意味でも、海外に住む方、これまで手にしなかった方にこの電子書籍版が少しでも心の支えになれば嬉しく思います。

私は、日本やアジア諸国ではこれから「エリート教育」は、受験競争教育と自由競争教育に二極化するのではないかと思っています。人口規模からして、また国民の成熟レベルからして国全体が欧州各国のように変わることはすぐには起きないと思っています。しかし、国の中でエリート教育が二極化する現象はどんどん進んでいくように感じます。

また最近は、北欧の幼児教育のあり方についても必ずしも長所ばかりではないと感じるものがあり、日本人だから、アジアから発信できることもあると思うようになってきました。著書の翻訳版はまだ決まっていませんが、電子書籍版の発売を機にますますアジア全体を視野に教育というものを考えていきたいと思っています。




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村