わたしは比較的自然の豊かな地方でこども時代を過ごしましたが、通っていた園や学校がそれを意識してプログラムに入れていたかというと、それはあまり思い出にありません。

園での幼児たちの様子をみていると、やはり屋外が最高の学びの場のように感じます。「これ、なんだろう?」「どうして?」など、手で触ってみて、耳で音を感じてみて、鼻で匂いを嗅いでみて、五感をフルに使って自然と接し、試行錯誤を夢中になって楽しんでいる姿を多く見かけます。

ちょっとした坂道を登ったり、降りたり、ゴロゴロしたりすることも、こどもの冒険心や探求心を刺激するものです。走ったり、跳ねたり、全身を使うことは心の浄化作用(カタルシス効果)にもつながります。

年長や年中になると、様々な場所で想像力を発揮してごっこ遊びがはじまります。環境の変化に柔軟に応じ、自分たちでルールをつくり、壊し、変えていくこども同士の関わりや交渉は、大人になった時に必要なコミュニケーション能力の原型です。

音楽、言語、造形、運動など現代的なカリキュラムの要素を自然と一体化させたら、こどもたちはどのように喜んでくれるだろうか、というより、その「余白」に自ら飛び込み、こどもたちはどんなものを創造してくれるだろうか。研ぎ澄まされた五感から、どのような相互作用がみられるだろうか。

忘れてならないのは、「主体的・対話的で深い学び」で重要なのは「保育者」の存在であること。目の前に豊かな自然があるほどそれが疎かにならないよう気をつけなければなりません。どのような感情でそれを受けとめ、どのような言葉を添えるのか、豊かな自然の前ではわたしたちの力も試されます。

 233AF71C-8325-4288-87DA-CFCA5906F140