IMG_7907

あけましておめでとうございます。
クリスマスから年末年始の期間、日ごろ忙しい方も有意義な時間を過ごされたことと思います。
日本から海外へ出て活躍している人も増える一方、日本へ来る外国人観光客も3,000万人を超えたようですね。それに伴い、大学では観光学部を新設するところもあるようです。

近隣のアジア諸国の経済力が急成長している中、”グローバル”はもはや「特別な舞台」ではなく、「身近なフィールド」になりつつあるように感じます。
しかし、日本の教育方針はその「競争」に伴って柔軟に変化しているでしょうか。競争というと嫌悪感を抱く人もいるかもしれませんが、競争は本来「楽しいもの」です。小さな子どもたちは、自分らしさを様々な形で自由に表現して発揮し、”自分のフィールド”で競い合うことを楽しんでいます。

“フィールド”が国内だけでなく、グローバルになれば、自分の好きなこと、得意なことを発揮できる範囲や選択も広がります。一方で現在の日本の教育は9割方、国内競争でのみ有効な人格育成に偏っており、世界基準で通用する個性や主体性、自主協調性、独創性などの芽が育つような環境にはなっておりません。

今年は、これまでの園に加え、梅ヶ丘(羽根木公園前)に新たな園を4月オープンで開設します。大阪開園においても多くの方々からお問い合わせをいただいており、時間がかかっていて申し訳ないのですが、2019秋か2020春を目標に計画を続行しております。

昨年12月は、同じような方針で園運営をされている宮崎県のこども園さんにて講演をさせて頂き、九州南部の周辺地域からも含め多くの教育関係者さんがお集まりになられました。「自分たちのやっていることが間違いではなかった」「勇気づけられた」いう声も多く、やりがいのあるものでした。

11月には岐阜県垂井町から町長さんと教育長さんからの直々の依頼で、保育業界のリーダーの皆さんが当園の異年齢環境と保育方針を見学に訪れました。大変熱心で驚きました。

IMG_7765
<宮崎県・三股町 幼保連携型 ひかりの森こども園さん>


年末はこんなニュースも報じられました。

「小中学校の時間割や学年 廃止検討~名古屋市」
https://www.msn.com/ja-jp/news/national/小中校の時間割や学年、廃止検討-名古屋市、いじめ減期待も/ar-BBRwqzU

小さな火が各地で少しずつ燃え出しているように感じます。古い体制から新体制への一大転換につながった明治維新のようなことが、もしかしたら教育業界で何年か先に起こるかもしれないという感じさえもします。

今年も、グローバルフィールドで逞しく生き、輝けるために必要な人格形成、土台づくりを目的に、一人ひとりの子どもの愛着形成や個性に応える環境や援助を整えて参りたいと思います。複数園によるシナジー効果もあわせて自園を進化させながら、各地で同じ方針を共有しようとする園も積極的に支援していきます。

本年もよろしくお願い致します。





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村