shamisen
7月の親子講座は、夏休み期間ならではのスペシャル企画を開催します。講師は、京都から福地空果梨堂の満茶乃さんを招き、三味線や能の世界から伝統文化を体験する特別な機会を設けます。中々体験できない内容ですので、興味のある方、ぜひご参加ください!


【夏限定!三味線と古典怪談・能がたり~能楽の世界をのぞいてみよう!】
日時:7月20日(土)10:00~11:30
会場:幼児園First Classroom梅ヶ丘校(小田急線・梅ヶ丘駅 徒歩1分)
参加費:親子1組 4,500円 (1組=大人1名、子ども2名まで)大人のみの参加も可(3,000円)
どなたでもご参加いただけます。子どもは幼児~小学生まで対象です。

講師:満茶乃 Masano 先生/空果梨堂「うっかりどう」
       三宅良先生/長唄三味線奏者


○『楽しい!』から『知りたい!』へと自然とシフトする
「どきどき」「ワクワク」をお届けします。
日本の文化も楽しんじゃおう!
「弾いてみる楽しさ」
「聴くことの大切さ」
「学ぶことの面白さ」
他にも色々な発見が待っているでしょう。


【古典怪談】
○いわゆる怪奇現象をクローズアップするものではありません。
「むか~しむかし。。。」という昔話のなかでも
とくに愛情のもつれや、離別、死別による悲しみから物語です。
お子様でも楽しんでいただける
京都の怪談じみた昔話を2本、三味線のバックグラウンドミュージック入りでお届けさせていただきます。

ukarido

sukui


【三味線】
○三味線は、おじい様やおばあ様がやっておられるという方も多い
とてもメジャーな伝統楽器です。
でも、意外にも実際に触れたり、弾いたりできる機会は少ないもの。
ほんものの三味線を触る前に、赤ちゃんでもさわれる壊れても大丈夫な手作り三味線を使い
三味線の弾き方を知ることができます。


【能】
○能楽は、なかなか触れることの多くはない芸能です。
能と狂言、歌舞伎はどう違うのか?
ご存じない方も多いかと思います。
歌舞伎には三味線は不可欠ですが、能楽には三味線は登場しません。
そんな「実は!」なお話と
普段触れる機会のない
能面に触れていただける貴重な機会などを
たくさんご用意いたします。
きっと、能楽堂へ行きたくなることでしょう。
nohmen


11:30  終了予定
 *当日、羽根木プレーパークでは、40周年記念イベントが11時~15時まで開催されております。ぜひ一日羽根木で遊んでいってください。(プレーパークは当園より徒歩1分)


<お申込みはこちら>
https://ws.formzu.net/fgen/S2479413/
ご質問もあれば、遠慮なくこちらからお問い合わせください。