ショウアンドテルでは、年長と年中の園児たちが様々なものをお家から持参してスピーチするのですが、時々、“え~、そんなモノ持ってプレゼンするの~!(笑)”と思うことに出くわします。

先日、5歳の女児がプレゼンテーションに持ってきたものは、なんと“小さなホッカイロ”一つです。スピーチタイム開始の合図があると、ニコニコしながら「これは、ホッカイロといいます。。。この中には『砂』が入っているんです!そして・・・」と始め、カイロひとつでなんと約2分もお話し、聞いている園児たちも興味深そうに耳を傾けているという場面に遭遇しました。思わずの出来事に感動しました。

ところで急に話は変わりますが、以前から一度行きたいと思っていた知人が店主をするこだわりの割烹料理のお店に、先日、機会があって行ってきました。こだわりの食材と手間暇かけた料理はすべて絶品でしたが、もっとも感動したのは、店主が客のご機嫌をとったり、世間話はしないのに(笑)、よく話す(プレゼンテーションする)こと。食材一つひとつがどこで取れたもので、どんな保管や下ごしらえをし、水はどこまで汲みにいってきたものか等、塩一粒、しょうゆ一滴まで自分のこだわりについて細かく丁寧に言葉を添えていたことでした。私自身にも勉強にもなりました。

割烹 かのふ(恵比寿)
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13043230/


さて、先の5歳児と大人の人を惹きつけるプレゼンテーションには共通項があります。それは、ものの説明をしているのではなくて、自分の驚きや感動、発見をしっかりと言葉にして表現していることです。日本では、自分がどう感じ、どう捉え、何とつながりそうか等を発表に添えるとマイナス評価をもらうこともあるようですが、社会、特にグローバル基準は全く逆です。ネットで調べればすぐに出てくる知識などを流暢に語れても、退屈なだけです。事実だけの話も面白みがありません。

ショウアンドテルで大切なことは、自分の驚きや感動、発見を言葉にできるかどうか。どんな内容でも自分の驚きや感動、発見を大人がしっかりと日常生活で受け止めてあげることが基本です。魅力的なスピーチ(言語表現)は決して場慣れではなく、日常生活の延長です。

最近、読み始めた本ですが、こちらも大変参考になります。保育者の皆さんにもおすすめです。保護者対応だけでなく、同僚や上司、部下に対しても、価値をきちんと表現し、伝え、理解してもらうことの重要性や努力のための手順がわかりやすく説明されています。価値を生み出すことにばかり向きあっているだけでは今の時代不十分ということですね。

『言語化力~言葉にできれば人生は変わる』
 

と、いう私も、昨年から2園の園長をするようになってからは日常の運営や雑務に追われる毎日で教育についてあまり言語化できておらず、ブログもほとんど更新せず、反省だらけです(笑)。良い刺激をもらったので、今年は幼児教育について、更なる発見や進化した考察を、もっと言語化することに時間を費やし、原点に戻りたいと思います!


<第3刷が配本されました>

幼児園First Classroom世田谷 求人ページはこちら
求人に関するお問い合わせ、見学希望はこちら



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村