今月で園長の仕事をはじめて14年目になります。コロナウイルスに限らず、様々な感染症のウイルスが時折流行する中、いつも共通するのはほとんどの対策がうがいや手洗いぐらい(アルコールや次亜塩素酸ナトリウムでの洗浄はあるものの)しかないということです。確かにコロナウイルスのようなワクチンのない新種には子どもを預かる立場上より慎重に防御し、社会においては医療崩壊も招かないような対策や配慮が必要と思いますが、それにしても、各国のリーダーが「戦時中」として、子どもを含めた個人を完璧なまでに一律に封じ込めようとするのには違和感があります。

園内で感染症胃腸炎(ノロウイルス)などが流行る時、本当にこどもたちは苦しそうで、目を白くしながら吐くものがなくなるまで嘔吐し続けることもあり、その時は危機感迫るものを感じますが、そのような時でも翌日休園になることはありません。
インフルエンザが流行る時も同様で、クラス内ではみんな咳をゲホゲホして苦しそうなのですが、それでも一定数の診断に達するまで休校にはなりません。

今回はワクチンのない新型ウイルスなので、もちろんそれよりはハードルを上げてよいと思います。ただ、メディアの感情的で繰り返しの情報提供によって極端な封じ込めをさせようとするのは、社会全体のための利益にはならないと思います。社会を、未来をサポートする側が(加害者にならないためにと)普段は気に留めず誰からも否定されない僅かなことでも距離を置いた方がいいと思ってしまい、しいては多くの人のためにならない経済的、社会的な退行を招くことにつながります。それは、自然災害を上回る「人災」にもなるのではないでしょうか。

2011年に東日本大震災による原発事故があった際、過去に例のないことには専門家や医師の方々でも見解が180°違うことを身近で体験し、大変興味深く感じました。今回も同じだと思います。様々な見解がある中で、自分がどう考え、どう説明し、どう行動するかは各自で決めるべきものであり、同時に尊重しなければならないとも感じます。

子どものテレビの見過ぎやスマホの使い過ぎも問題になりますが、大人も同じだと思います。情報過多・洪水の時代にどのように考え、行動するか、今後の子どもたちの歩む道のためにも、私たち大人にこそ問われていることと思います。