教育をとめない

緊急事態宣言の期限となっている5月6日まであと2週間となる中、専門家をはじめとする多くの方々がGW明けもすぐに元の状態にはならないだろうと考え始めています。

私が園を構える世田谷区も今週から認可・認証の保育園が一斉に休園となりました。創業して14年目になりますが、毎日夕食まで出して土曜日まで開園していた認可保育園が閉園しているのは初めてのことです。私の園は認可外施設なのでこういう時こそ社会福祉の面で役割があるとも考えますが、子どもや職員の安全を守るという立場は同じであります。

話は変わりますが、様々な意見があって難しい決断の岐路に立たされた時、必ずふり返るようにしているものがあります。それは「会社名」です。“自分は何のために起業したのか”、“人生をかけてまで成し遂げたかったのは何か”。普段保育の仕事をしていて会社名のことを意識することはありませんが、大きな悩みをもった時はなぜこの社名にしたのか(オシャレとは程遠い会社名)が自分の軸を支えてくれています。(もし社名が「ーキッズ」だったり、「保育ー」であったりすれば、常に選択も違ったと思います)

「コロナ前」「コロナ後」という言葉も耳にするようになりましたが、いずれにしてもすぐには元の状態に戻らないと予想されるのであれば、時間が経つのをじっと“不完全でもしかたないよね”と待っているわけにはいきません。ある意味、これからは“自ら発見し、学び、自らを伸ばせる力”を短い幼児期にしっかりと身につけなければ、その後の学校生活において路頭に迷ってしまう可能性も大きくなるといえます。

毎日通う場があっても、なくても、掲げている保育方針のもとで教育目標にすべてのこどもたちが到達し、しっかりと巣立っていく。子をもつ親御さんにおいても、教育関係者の皆さんにおいても、様々な不安がある中ですが、今一度その原点に返って仲間とともに力強く前に進み、自分たちの役割を果たしていきたいと思います。