4月初旬、これは大変なことが起こるかもしれない!と思い、園運営の継続と同時にオンラインでの「クラスルーム」開設を考え始め、5、6名の職員に相談をしました。いつもであれば、突拍子すぎて取り合ってもらえない内容ですが、ロックダウンが目前に迫っていましたので、わかりました~できるかもしれません~と悪くない反応を得ました。

ただいざ実行しようとすると、「プログラムはどうすればよいのか」「幼児が画面をみていられるか」「スタッフはどこから発信すればよいのか」「一人でやるのは寂しい」「毎日毎回、双方向なんですか?」など、様々な課題や意見が出てきました。それでも私は愛着とつながりを起点とするクラスルームの存在に価値を置いていたので、何とか(勢いで)スタッフの皆さんに納得してもらい、GWぎりぎりでスタートをさせることができました。

そして、オンラインでのクラスルームがスタート。最初は半信半疑だった職員の皆さんもZoomの機械的な弱点を補おうと小道具を創作したり、自らカメラを2つ組み合わせたり、動画とリンクさせてみたり、課題もありましたが目の前にいる子どもたちに分かりやすく伝えようとする姿勢は現場での保育と変わらず、大変ありがたいものでした。

園児の皆さんも日に日に慣れてきて画面を見つめる時間や笑顔が増えてきました。側にいる親御さんの援助が充実しているからですが、画面越しにみせる集中力やコミュニケーションの量も増えてきました。また、私たち自身が画面越しにもお休み中のこどもに会えることが嬉しく、それがスタッフの皆さんの大きなモチベーションになりました。

緊急事態宣言が解除されるのは喜ばしいことですが、オンラインで毎日工夫を重ね、スキルアップしていく職員と園児の皆さんをみていると、これがなくなってしまうことに少し寂しい複雑な気持ちもあります。。。
オンラインでしかできないこと、オンラインだからできるダイナミックなことも続けていけばもっとあるようにも感じます。「家庭(ホーム)とダイレクトにつながる幼児教育の新しい形」。継続できる方法があればぜひ続けていきたいと思っています。

IMG_0575



IMG_0582

IMG_0557





<第3刷が配本されました>



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村