幼児教育とグローバル基準の保育

幼児のファンタジーな世界と無限の可能性。小さな発見やフローの積み重ねからイノベーティブな未来を創る。有能感を持った自立した人間として、生涯を通して学び続ける資質を持って成長できるよう、今しかできない幼少期の土台作りを支援します。

世界基準のこども手帳

こども手帳 やりたいことを“要求できる”子に

昨年度、十分に信頼関係のある年長の子どもたちに言い続けたことがあります。「やりたいことを手帳に書いたら、先生(大人)にそれを求めなさい」と。

例えば“やりたいこと”として「サッカー」と書いても、先生がそれを知らず公園にボールを持っていかなければ、それは実現しません。また、「鉄棒」と書いても、鉄棒のない公園を先生が選択したらそれも実現しません。自分がやりたいことを心に抱いたら、言葉にし、子どもなりに人を動かそうと努力する必要があります。その背景には、小さなことでよいのでそれができる子になってほしいという想いがあります。こども手帳は、単に「やりたいこと」を書き並べるだけでは、達成感は得られません。6歳を過ぎた子どもたちには特に一段上の「行動力」を求めたいと思っています。

実際には、そこまでやりたいことが思い浮かばず、要求しない日が多いのですが、本当にやりたいことがある日や子は、しっかりと言葉にする姿が増えました。幼児期は、なにも考えずに一日が始まってもそれなりに楽しく過ごせますが、小学校にいったら違う環境になります。環境に流されないためにも、幼児期のうちに毎日「やりたいこと」のある習慣が大切です。

よく、入園説明会で“そういう子は学校で浮いてしまうんじゃないんですか?”と質問されます。しかし、それはありません。逆にいえば、先生の言いなりになるより浮くぐらいの方が、私は世界基準で考えるとよいと思っていますが、それでもそのようなことにはなりません。それは、対話と交渉は相手の意思と共にあるということを、幼児期にその対話が重視された生活習慣で育った子は身につけているからです。

先日、興味深い話が職員からありました。公園に行く際には職員が子どもたちの遊び道具をその時期の興味に合わせて持っていくのですが、まだ2歳半の子が、職員が砂場道具を持っていないことに気がつくと、「おすなする!」と強い口調でいったというのです。大きな子たちでも公園に着いてから何をしようかと決めることが多いので、職員はその2歳半の子の“強い意思表示”に慌てて砂場道具を取りに2階にもどったと聞きました。実際に公園につくと、その子は他の遊具には見向きもせず、一番奥にある砂場まで走っていき無我夢中で遊んだようです。

やりたいこと、楽しみなことをつくり出すのは自分です。小学生になった子たちには急な環境の変化で戸惑いもあるかもしれませんが、自分と向かい合い、学校内でも学校外でも楽しみを自分でつくり出して欲しいと思います。きみたちは、歩くこともできないほんの6、7年前、自分の主張をもって大声で泣いたり、叫んだりしていたのです。今は、幼児期に身につけた没頭力も自学自習力もあります。がんばってください。


『Firstbook 世界基準のこども手帳』 
4月から親子で始めるプロジェクト!
 対象:3歳~9歳ぐらい

*画像をクリックすると専用サイトにつながります。
techo0227

世界基準の子育てセミナー(大阪)
~6歳までの子育てベストアプローチ~
4月21日(土) 大阪(本町駅) *締切り間近
https://firstbook.shop-pro.jp/?pid=128398215
1e4351bb6d5a8198d6a627cd75da9cf5_s


世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
第2刷が配本されました。(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)









にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

世界基準の子育て・セミナー(大阪)

1e4351bb6d5a8198d6a627cd75da9cf5_s

大阪でセミナーを開催します。6歳までの子育てにおいて何が一番重要か、世界のどこでも通用する素養をもつには何に気をつけなければいけないか等、お話させていただきながら皆様と交流できる機会を設けます。

“世界のどこでも、自分らしく、輝ける子に”
~6歳までの子育てベストアプローチ~


日時:
  2018年4月21日(土) 14時~16時 

 
会場:
  大阪クロススクエア3F(最寄駅 御堂筋線・四ツ橋線・中央線「本町」駅)

  
 内容構成:
  〇セミナー
 ・6歳までの子育て~ここがポイント
 ・幼児期に育まれるリーダーシップの土台と資質
  ・世界のどこでも通用する内発性・個性・協調性を育む
 ・理論にもとづけば子育てはもっと楽しくなる
 ・世界のどこでも「自分らしく」生きられる子に
 ・失敗しない幼稚園・保育園選びの目安として


  〇意見交換会

お申込み・お問い合わせはこちらから



『Firstbook 世界基準のこども手帳』 4月から親子で始めるプロジェクト!
子どもの「やりたいこと」を支え、大きな夢へとつなぐ手帳 
 
対象:3歳~9歳ぐらい

*画像をクリックすると専用サイトにつながります。
techo0227


こども手帳 「やりたいこと」を書く効果

b2545ba8ef8d30d4380c76d31452ace9_s

特に男の子をみて思うことです。「やりたいこと」を意識して登園してくるのと、それを持たずに来るのとでは過ごしている時の目の輝きが違うと思うことがあります。行き当たりばったりで目の前に出されているものの中から好みなことを見つけるのも全くよいと思いますが、最初からやりたいことを持っている子は、光を放つような姿で自分の世界に入っていきます。声をかけるのも申し訳なく感じるほど目力がつよく、輝いています。
 

「やりたいことを書く」習慣は、“やりたいことを考える”習慣へとつながります。大人も子どもも実際にはやらなければいけないことで一日の大半が既に決まっています。そんな中、ひとつでも「やりたいこと」として意識できれば、一日の見通しは明るくなり、主体性をもつことにつながります。


実は、わたし自身、子どもたちの様子に影響を受け、スケジュール帳とは別に現在毎朝やりたいことを一言ずつ書く欄を手帳に設けています。本当にやりたいことしか書きません。「ジョギング」や「筋トレ」をしたくてウズウズしている時はそれを書いたり、逆にそういう気がなく、すごく書きたいことがある時には「ブログをかく」等と書くこともあります。やらなければいけないことはスケジュール帳に書いて消化しようとする中、“きょうは何をしたいかな”と考えて書くことは日々違うので楽しく、そこに活力があることも分かりました。本当にやりたいことを書くことによって、今まで以上に一日が明るくパワフルに始まるようになりました。

 

先日、久しぶりに一参加者として「デンマークと日本の放課後」というセミナー系のイベントに出席しました。デンマークの施設で勤務するデンマーク人の方が、会場の方からの質問で(確か)「アートクラスのようなプログラムはありますか?」と聞かれた時、「そういうことは授業時間でやることです」と返し、“自分のやりたいこと”“自分で考えて仲間とつながること”の大切さについて延々と熱く語る姿が印象的でした。

 

6歳である年長の子どもたちも、あと20回ばかり寝ると「〇〇ちゃん、きょうは何をしたいのかな?」等と、もはや誰も声をかけてくれなくなります。男の子も女の子も、時間割やプログラムが決まっている中でも自分自身で「やりたいこと」を見つけ出し、期待感をもって一日の生活を始められるようになってほしいと願っています。
 


『Firstbook 世界基準のこども手帳』 4月から親子で始めるプロジェクト!
子どもの「やりたいこと」を支え、大きな夢へとつなぐ手帳 
 
対象:3歳~9歳ぐらい

*画像をクリックすると専用サイトにつながります。
techo0227




世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
第2刷が配本されました。
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)








世界基準の子育てセミナー
(第1回大阪)

~6歳までの子育てベストアプローチ~
4月21日(土) 大阪 受付開始しました
https://firstbook.shop-pro.jp/?pid=128398215
1e4351bb6d5a8198d6a627cd75da9cf5_s



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村



にほんブログ村

アインシュタイン 「教育とは」

225px-Einstein1921_by_F_Schmutzer_2
Wikipediaより画像を引用

「教育とは、学校で習ったすべてのことを忘れた後に、自分の中に残るものをいう」とは、アルベルト・アインシュタインの名言であり、幼児教育における私の実践を短い言葉で説明するものでもあります。


今年の卒園式では保護者の皆さんにこの言葉を引用しながら、卒園する子どもたちに3、4年間で宿った資質(残るもの)は一生消えないというお話をさせていただきました。先に上の子が卒園して小学生になっている保護者さんからは、大人数の小学校に行っても他人に依存したり、左右されたりせず、自分のやりたいことを追求しながら友達を集めているというお話もあり、大変うれしいものでした。


よく、入園説明会では「この園で素晴らしい教育を受けたとしても、日本の小学校に行ったらその良さが消えてしまうのではないでしょうか?」と聞かれます。5、6年前は実績が少ないので上手に答えられませんでしたが、今では、多くの卒園生の保護者さんから「幼児期に身につけたものは、そう簡単には消えない」という声やエピソードをいただき、自信を持って「消えない」ということを言えるようになりました。


有能感、責任感、思いやり、やり遂げる力。これらを育む毎日は実は理論的で緻密な過程をたどる必要があります。経営者の理念だけでは実現不可能であり、現場の援助者や専門講師の方々の姿勢や提示能力が重要となります。(詳しくは、「世界基準の幼稚園」に書きました。)


IMG_5418
昨日、土曜日は修了式のみの開催で集まったにも関わらず、朝、「きょうも、手帳に“やりたいこと”書いていい?」と聞いてくる子がいました。手帳には「うた」と書いてあっただけですが、自分のやりたいことをひと言書くことが、その子にとって一日をスタートさせる身だしなみのようになっています。自分の意欲を受け止めてくれるツールとして、Firstbook手帳がこども自身によって習慣的に使われていることには大変嬉しく思います。


6歳までに身につけたもの。意識できるものより、無意識、無自覚のものが多いでしょう。いつまでも好きなこと、夢中になれることを大切に。新しい環境で新しい自分を発見する、新しい航海を楽しみましょう!



Firstbook 世界基準のこども手帳』 3歳~9歳ぐらい
“好きなこと、やりたいことで、人生をデザインしていく”

*画像をクリックすると専用サイトにつながります。
techo0227


『世界基準の子育てセミナー(第1回大阪)
~6歳までの子育てベストアプローチ~
4月21日(土) 大阪 受付開始しました
https://firstbook.shop-pro.jp/?pid=128398215
1e4351bb6d5a8198d6a627cd75da9cf5_s



世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
第2刷が配本されました。
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)











にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村



にほんブログ村





好奇心と意欲の強さ

IMG_5355
6歳の子どもたちの最後の特別活動として、水族館へ行きました。行き先もいくつかの候補の中から、子どもたち自身が担任の先生と話し合い、決めました。


行きの電車は満員の時間帯で結構疲れたせいか、到着後、話し合いによって10時台にお弁当を食べ始めました。イルカショーの会場でどの幼稚園よりも早くお弁当のふたを開け広げ、ランチタイムが始まりました。日頃は給食なのでお弁当持参の日はみんなの気持ちも高ぶります。


イルカショーでは、開始前、「濡れても構わない人は、レインコートを着て4列目までに座ってください」とアナウンスがありました。園児たちにどうしたいか(先生たちは後ろからみているが)と聞くと、二人の子が自分一人でも行くという勢いでレインコートを着始めました。二人とも、3歳のころにはいつも先生にくっついてばかりモジモジしていた子たちです。3年後に一人で行動するようになるとは全く見えなかった子たちが、今、大量の水しぶきを浴びながら、二人横に並んでずっと前に座っている光景は上から見ていてなんともいえない感動的なものでした。途中、男の子が「もう一列前に行ってもいい?」と聞きに階段を登り、私のところにきました。「いいよ」というと、もう一人の女の子を誘って3列目に移動し、その一分後には2列目に移動していました。もっと大量の水をかぶるために。笑。

IMG_5359
ショーが終わると、グループ別に「自由時間」にしました。女の子のグループが館内をまわる中、男の子のグループはそのままショーの会場に留まってノートと鉛筆をもって探検を始めました。驚いたのは、係の人に自分から声をかけ、質問や交渉じみたことまでしていることでした。イルカ以外の生物も水中にいるのか、どんな餌を食べているのか、触らせてもらえないか、など長い時間次々と質問をしたようでした。

昨年に引き続き、卒園遠足は、好奇心と意欲の強さを確認できる機会となりました。卒園する子どもたちがこの3、4年間で身につけたものを見ることができ、本人たちも生き生きとしていました。好奇心と意欲が強さこそ、人生の様々な場面で活かされることと思います。幼児期の教育の奥深さを改めて感じる機会ともなりました。


Firstbook 世界基準のこども手帳
“好きなこと、やりたいことで、人生をデザインしていける習慣を”

*画像をクリックすると専用サイトにつながります。
techo0227

『世界基準の子育て講座(第1回大阪)
~6歳までの子育てベストアプローチ~
4月21日(土) 大阪 受付開始しました
https://firstbook.shop-pro.jp/?pid=128398215
1e4351bb6d5a8198d6a627cd75da9cf5_s



世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
第2刷が配本されました。
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)











にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村



にほんブログ村


author

橋井健司。保育士・研修指導講師。新教育デザイニング株式会社 代表取締役。社会福祉法人の監事。

著書
「世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる」
記事検索
アーカイブ
コンタクト
Amazonライブリンク