幼児教育とグローバル基準の保育

幼児のファンタジーな世界と無限の可能性。小さな発見やフローの積み重ねからイノベーティブな未来を創る。有能感を持った自立した人間として、生涯を通して学び続ける資質を持って成長できるよう、今しかできない幼少期の土台作りを支援します。

一般

突然、起こること

いつも言葉少なめなアートの先生が、長文で印象深いコメントを園だよりに投稿してくれましたので、本人許可のもとブログにも転載します。急な病気で倒れたものの、わずか3週間で回復して指導の場に戻ってこられました。

「私は可能性が未知数の子どもたちの魅力にとりつかれ、長く「絵画教室」を続けてきました。ある日 突然首筋に変な痛みが生じ「くも膜下出血」という病で即座に手術。元気に走り回る生活がいつ戻るのか不安になる日々をすごしました。3週間で退院すると その日もアトリエにはこどもたち、金曜日にはFCの子どもたちにも会え、モチーフを並べお話ししていると「頭を手術した事」 「やっと歩いてここまできた事」  全部何処かへ消えてしまいました。
子どもの目で捉え感じたものを表現する楽しさは私の心に元気をくれます。
昨日 再診を受けたら『身体とても良い状態です』と言われ、今の環境がどんなに幸せか再確認しました。        
11月も季節と子どもたちが心地良く結びつく活動を考えてみましょう。」

いつも健康的で元気な状態であっても、突然起こること。チャンスも突然くれば、ピンチも突然くる。今という貴重な時間を本当に大切にしなければならないと思いました。同時に、経営者としては自分にいつ何があっても、周囲の方々が困らないようにしておかなければならないと実感する出来事でもありました。


10月のアトリエ活動『墨絵』~ポットをモチーフに



オープニングスタッフ募集

“どうせ、幼稚園、保育園では自分の理想とする保育はできない”と思っている先生、あきらめないで下さい!そして我慢してやりたくない保育をし続けない方がよいです。気がつくとそれが自分の保育になってしまいます。“あなたがあなたでなくなってしまいます”。

来年、平成31年4月、小田急線「梅ヶ丘」駅1分の場所(世田谷区松原・羽根木公園隣接)にて、幼児園First Classroomの新園を開園することとなりました。東京は、最寄り駅が千歳船橋駅と梅ヶ丘駅、小田急線で3駅離れた場所に2園を持つこととなりました。

保育方針に共感、賛同をしてくれる方、そんな仲間が集まる場で働いてみませんか。完璧である必要はありません。必要なのはプロとして勉強し続ける意識、振り返りや内省を大切にする意識です。

保育の現場には若い方も、中堅の方も、ベテランの方も、チームとして必要です。好きなこと、得意なことがある方も、歓迎です。ご興味のある方、ぜひホームページからお問い合わせ下さい。食育のスペシャリスト、栄養士の方、調理のできる方も歓迎します。


新園・梅ヶ丘(羽根木公園): 4F 職員室/調理室のテラスからの眺望

新園の設立について


幼児園First Classroomにおける新園の設立について、こちらで経過をお知らせします。

◯東京
千歳船橋の園にて多くの方がお待ちいただいているため、世田谷区内にて新園の開設を準備しております。開園は2019年4月の予定にて、場所や募集要項はあと2、3週間で発表できる見込みです。もうしばらくお待ちください。


◯大阪
同じく2019年4月開園を計画し、現在、豊中市、吹田市、箕面市、茨木市を中心に場所の選定を始めております。詳細は決まり次第、ご案内いたします。

大阪でも開園準備を決めた理由は、「子どもを通わせたいから作ってほしい」という声をいただいたことが発端ですが、実現の方向へスタートが切れたのは「設立を支援したい」「一緒に働きたい」という理念や方針に強く賛同される方々からの声でした。


東京と大阪、二つの拠点から日本の教育を変える原動力になりたいと思っています。新しい子どもたちと保護者の皆さんとの出会い、新しい先生たちとの出会いを、楽しみにしております。






にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

マナー研修

b9fbd965f751af100056ee0a91e22918_s
未来を担う多くの子どもたちのために、そして保育・教育界全体のレベルアップにも貢献したいと思い、保育研修の講師を幼稚園や保育園で務めています。7、8月は特に幼稚園からの依頼が多く、夏季期間にも関わらず皆さんの向上心に大変敬服しております。

私自身が指導支援する研修は保育(幼児教育)研修のみですが、時々、「マナー研修はやってくれないのですか?」という要望を受けるため、昨年から女性専門講師を採用させてもらい、マナー研修も受付を始めました。

このマナー研修。昨年、最初に私自身が園の職員と一緒に受けてみました。私自身がマナーが不足足しているからかもしれませんが、実に多くの気づきがあり、メモをたくさん取りました。言葉づかいのことよりも、「表情力」や「姿勢」「話の聞き方」など、少しの変化で相手の気持ちが変わるということは決して保護者に対してだけでなく、子どもへの保育対応にしても、同僚や部下に対しても同じだと学ぶ部分が多くありました。

研修では一人ひとりがスマートフォンや携帯電話のカメラ機能をもって表情チェックをしたり、二人でペアになってロールプレイをしたり、実技が中心です。これまでのところ、評判はとてもいいです。講師が厳しい表情をして叱りつけるようなマナー研修ではなく、和気あいあい笑顔があふれる研修です。そんな講師だからこそ、自信をもって依頼を受けています。依頼や問合せは今のところほぼすべて幼稚園からですが、私は保育園の先生にもぜひ受けてもらいたいと思っています。

マナー研修というと、外見的なパフォーマンスを学ぶように考えられがちですが、私はそうではなく形から入ることでむしろ心が鍛えられるというように感じています。また、その効果はサービスとしての即効性よりも、周囲の人間を育てるという機能にもつながると思っています。 「作り笑顔ぐらいできなければ、社会人として失格です!」とビシッと言い切る講師の姿には思わず笑ってしまいましたが。

ただ課題も感じています。「マナー研修を受けたい」という方々は大抵マナーがよくできている保育者であり、上司が「マナー研修を受けさせたい」と感じる、問題ある保育者は参加させてもあまり心に響きません。一人や二人だけのことでも組織にとっては見逃せないものと思います。マナー研修を、カウンセリングを含めた個別対応でも受け入れられればと思っています。


*「マナー応対研修」についてのご要望や質問はHPからお願いします。
新教育デザイニング株式会社
http://goodeducation.tokyo/contact



園長募集(見習いも歓迎)

enchoboshu
自主財源(認可外)の園を"事業"として広げることがどれほど大変かと分かっている私は、園を拡大するつもりが昨年まではありませんでした。この園で行えること以上の自己実現は外で求めていこうと決めていました。しかし、著書を読んでくれた方々の中からは「引っ越しを考えていますが、空きはありますか?」「ひとりで育てているのですが、優先枠はありますか?」等、予期していなかった熱心な相談が数多く寄せられました。
先日、大阪で行った講演会では「本を読んでこれに近い園を周りで実際に探したんですが、全然ないんです。何を優先すればよいのでしょうか?」「グローバルというと、みんな英語優先で…」という質問や相談もありました。

“世界のどこでも、自分らしく、逞しく生きられる子に”、“世界の中で勝ち抜いていける子に”、そんな思いをもってわが子を育てたい、それへの対価であればある程度の負担も省みないと考える方々が少なくなく、様々な地域や立場でいることに驚きました。そして、そういう方々が目の前で求めているにも関わらず、このまま入園を断り続けていてよいのだろうかという思いをもつようになりました。

そのような理由により、まずはもう一つ、園を増やす準備をすることにしました。(私が現場から離れるわけではなく、新しい園での仲間の募集です)。世は史上空前の保育士不足、人手不足の状況ですが、経営が大変だからという理由で、一生に一度しかない幼児期にグローバル基準での保育や教育をと切望する家庭や、もっと自由に個性的に、本来は自分らしく生きられる子どもたちにその機会を与える努力をせず見過ごすことはできません。

“グローバル社会で逞しく生きていける資質をもった子”を育てたいという理念と方針に共感し、一緒に汗を流していただける「園長(候補)」およびスタッフの方々を募集します。ご興味のある方はぜひご連絡ください。幼少期の子どもには本当に無限の可能性とそのチャンスがあるということが、私たちと一緒にいれば長くないうちに分かります。きっと、これまでの職場では感じ得なかった感動ややりがいがあることと思います。

園長(候補)募集の条件
・業務にフルコミットできること(片手間で関わりたいという方は対象としません)
・理念と方針がほぼ完全に一致し、同じ方向を目指すこと。
・ 未経験、見習い歓迎です。丁寧に援助します。
・出資も含めて経営から指揮したいという方も歓迎ですが、お金だけ出したいという方は対象にしておりません。業務にフルコミットが条件です。


スタッフ(保育・調理)も募集します。開園時期は物件が決まってからですが、世田谷区にて半年~一年以内を計画しています。


ご興味のある方はHPからぜひご連絡ください。http://firstclassroom.jp/contact


ついでに、物件も募集します。周辺環境重視。駅から遠くても結構です。近隣住民の方々への理解促進はこちらも積極的に行い、地域に溶け込む努力をします。

一人でも多くの子が、6歳までの人格育成期に、“世界のどこでも、自分らしく、逞しく生き抜ける資質”をもって、未来を迎えられるように。




世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
第2刷が配本されました。(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)





『Firstbook 世界基準のこども手帳』
 
4月始まり 
対象:3歳~9歳ぐらい

*画像をクリックすると専用サイトにつながります。
techo0227



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

author

橋井健司。保育士・研修指導講師。新教育デザイニング株式会社 代表取締役。社会福祉法人の監事。

著書
「世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる」
記事検索
アーカイブ
コンタクト
Amazonライブリンク