幼児教育とグローバル基準の保育

幼児のファンタジーな世界と無限の可能性。小さな発見やフローの積み重ねからイノベーティブな未来を創る。有能感を持った自立した人間として、生涯を通して学び続ける資質を持って成長できるよう、今しかできない幼少期の土台作りを支援します。

一般

自分という『軸』をもつこと

 7、8月は何人かの卒園生が遊びにきてくれました。園の活動を手伝ってくれたり、自分が夢中になっていることのお披露目の場に招待されたり、卒園生たちの今を垣間見ることができました。

IMG_9194

卒園したみなさんに共通していたのは、自分という『軸』をしっかり太くしていること。当時を知っている職員たちとそれを目の当たりにし、自分軸が太くなっていることを共に喜んでいました。


IMG_9251
物語が好きで言葉での表現が得意な子は語彙力や説明力、気配りまでパワーアップしており、無口で手を動かしながら凄いものを作ってしまう子は、更にモノづくりの発想と技術が進化していたり、当時好きではなかったことまで得意なものにしてしまったりと。みんな、強い意欲や没頭力は当時のまま。


IMG_9291
中学生になった子は、親の見ていないところで努力をし続け、自分を磨き続けられるという、これもまた当時と変わらない様子です。凄いことを成し遂げ、心底感動している親御さんや私たちの前で本人はキョトンとしているのも多くの子に共通しているように思います。

もう一つ、わたしが驚いているのは、思春期を迎えている卒園生たちの多くが "他人とは適度に距離を置いている”と保護者の方たちから聞くことです。私自身は思春期のころは友達や人間関係に割と翻弄された方なので、卒園生たちが大きくなっても自分をしっかりと持ち、他者との関係に依存的でないことには大変感動しています。

幼少期から人それぞれ違って当たり前でそれを認め合う生活(文化)をしていたのがよかったのか、一人遊びやフロー体験をじゅうぶんに重ねたのがよかったのか、何かひとつの理由ではないと思いますが、みんな自分という『軸』をキープし、それを太くしていることには大変嬉しく思っています。

保育の現場では毎年いろいろと課題があり、大変なことも少なくないですが卒園生の姿は本当に励みになります!世界のどこでも、自分らしく、力強く。








にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



呼称と人間関係のつながり

c956c740c920462a30d4d505f3d0d7a4_s

数年前、年上の子を呼び捨てで呼んでいる子に「“〇〇くん”って言おうね」というと、逆に年長の子から「先生さー、おれたち男同士はそれでいいと決めてるからいいんだよ。」と言われ、納得したことがありました。笑

また、今年、小学校での生活を紹介する活動で来てくれた私立小に通う卒園生からは、「うちの担任は~」と何回も楽しそうに話し、そして「変わった人です」と、まるで親しい兄貴を紹介するように語っているのが印象的でした。
後でお母さんに聞き、その子に質問してみてもらったところ、クラスでは誰一人先生のことを先生と呼ばず、ニックネームや苗字の語尾をのばすような呼び方で友達のように呼んでいるとのことでお母さん自身も驚いていました。

別の話ですが、近隣にはほぼすべての先生が園児のことをニックネームや呼び捨てで呼ぶのが当たり前な(割と人気のある)幼稚園があります。私からすると大いに違和感があり、賛成はしないのですが、その園は保護者公認でその関係性が成立しています。

呼称と人間の関係性にはつながりがあると思います。どのような関係で人間同士がつながりたいか、時代や社会のあり方が、言語の特性以上に起因になっていることと思います。日本語にも日本語らしいそれがあり、日本語だからこれはダメという決まりはないと思います。

教育関係者の中には、“「先生」と呼ばれないと子ども(生徒)から尊敬される関係が成立しない” と心配する意見も多いですが、それは違うと思います。私は長くアメリカの会社に勤務し、上司でも社長でも会長でも、当然ファーストネームで呼んでいましたが、常に尊敬の気持ちはもっていました。一方で、人間としては対等という関係性が成立していますので、上の人たちも必要以上に構えたり、欠点を隠そうとしなかったりするのは付き合いやすいものでした。(実際に上司のダラシない部分などは笑い話にしていました。笑)それは英語だから特別ということではないと思います。

偶々ですが、私の新しい園では、新任のルーム長の提案で職員同士は互いに「〇〇先生」と呼ばず、年齢や性別に関係なくファーストネームで「〇〇さん」と呼び合うことになりました。既に私も「園長先生」と呼ばれることが新しい園においてはなくなり、下の名前でみんなから呼ばれるのは日本にいないような不思議な感覚です。新園は来週開園し、それに接する園児たちがどのような反応を示すのか、関係性はこれまでと変わるのか、楽しみです。











世田谷梅まつり/湘南産のはちみつ

2月9日~3月3日まで世田谷梅ヶ丘・羽根木公園で「せたがや梅まつり」が開催されます。総面積24,000坪の土地に紅梅270本、白梅380本の650本を数える梅の木に囲まれた敷地は都内でも屈指の観梅名所となっています。昨年は延べ37万人が来場されたようです。

37849AD7-
園の前では湘南産のはちみつ屋さん honobono工房さんがはちみつを販売します。(昨年まで数年間同じ場所で販売をしてきたようで、リピーターさんの期待にも応えるよう園で引き継いだものです。)

4D1508B6-
honobono工房さんは、自家採蜜をしながら「身体と地球にやさしい」をテーマに、国産蜂蜜や無農薬野菜、雑貨商品などを販売しているはちみつ屋さんです。私も食育に力を注ぎ、継続することはそれなりに苦労も多いということを日々体験しているので大変親近感を抱き、お申し出をすぐに受けました。
ぜひ試食をされてみて下さい。そしてよろしければご購入下さい。

(注)はちみつは1歳未満の乳児には与えないでください。乳児はハチミツを食べることによって乳児ボツリヌス症にかかることがあります。厚生労働省HPリンク
(はちみつは“幼児”には問題のない食べものとして、園でもおやつや副菜に使っています。)


販売予定日と時間:天候や在庫により、変更する場合があります。

<2月>
9土  10 日  11月(祝)、14木  15金  16土  17日、20水  21木  22金  23土 28木

<3月>
1金  2土  3日

平日10:30〜14:30/土日祝日は10:30〜16:00を予定。(数に限りがあるため、売り切れの場合は閉店の時間が早まります)




梅まつりの期間中、羽根木公園では週末は「抹茶サービス」「筝曲演奏」「太鼓演奏」などの催しものがが行われ、日によってモール工作や紙シーソーづくり、2月24日(日)は「もちつき」、3月3日(日)は「子どもデー」としてこどもたちが楽しめる企画もたくさん予定されています。また、茶室の星辰堂と日月庵は京都を思わせるような建築で庭園と一体化した空間が大変魅力的です。

高知新聞、熊本日日新聞に記事が掲載

12月に取材を受けた記事が地方紙に掲載されていると聞きました。高知の皆さんや熊本の皆さんともつながりが広がれば嬉しいです。
全国に配信された記事において、一番に反応されたのが土佐と九州の新聞社さん。偶々にしてもやはりこの地域には変化や改革をのぞむ風土がいまも備わっているのかな~とも感じました。


高知新聞 1月26日
https://firstclassroom.jp/info/2436059

幼児教育無償化について

d7f6db8b702c2b79f34bd3bbcc2ab126_s

「幼児教育無償化についてどう感じていますか?」「どのように受け止めていますか?」と意見を聞かれる機会が昨年から多くなりました。認可外の園として、著書では「世田谷で一番高い」と出版社さんの希望で紹介されていましたので同業の方やプレスの方々にとっては特に関心が高いのかもしれません。

ただし、私としては正直なところ、まったく何も感じておりません。。。余裕とかそういう意味ではなく、例をあげると、いまの時点でも当園がりんごを1個300円で販売しているとすれば、他は大体50円~180円ぐらいで販売しています。既に大きな差がついているのでそれが更に大きくなると言われてもあまりピンと来ないのです。決して自信満々とかではなく、この仕事を始めたときから“いつでもマーケット(市場)の外で生きているから”と説明すればわかりやすいでしょうか。園児が少なかった時も過去に何回かありますが、周囲の動向を気にしながら方針を変更しているならば、おそらくこの保育・教育の仕事はしていなかったことと思います。

もっとも大切なことは、職員の意欲と士気であり、理念と目標、保育観を共有しながら一人ひとりが自分を磨き続け、集団として進化していくことです。来年4月から職員が約2倍になりますが、現在の職員も、新たに加わる職員も政策の動向を気にしている職員はおらず、この園でしかできない保育を更に追求していこう、楽しもうと高いモチベーションをもっています。
対価を支払いたいかどうかは常に利用する方々が決めることであり、わたしたちは昨日より今日を、今日より明日を、より上を目指して自分たちを磨き続けるだけです。




幼児園First Classroom 千歳船橋 
*2019年度は定員に達しており、現在募集の予定はございません。(2020年度、一般募集をするかどうかは未定です)



幼児園First Classroom 梅ヶ丘 *4月開園        
*2019年度は男児が定員に達しており、現在女児のみ受付可能です。(2020年度の入園説明会は日程が決まり次第、HPでご案内します)



幼児園First Classroom 大阪
*2019年秋もしくは2020年春オープンで開園を検討しています。






にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



author

橋井健司。保育士・研修指導講師。新教育デザイニング株式会社 代表取締役。社会福祉法人の監事。

著書
「世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる」
記事検索
アーカイブ
コンタクト
Amazonライブリンク