幼児教育とグローバル基準の保育

幼児のファンタジーな世界と無限の可能性。小さな発見やフローの積み重ねからイノベーティブな未来を創る。有能感を持った自立した人間として、生涯を通して学び続ける資質を持って成長できるよう、今しかできない幼少期の土台作りを支援します。

一般

「保育観の違い」は存在しない

35533d349cc2b7b22f3e1284acefeb3b_s
保育園や幼稚園から研修の依頼を受けるとき、「改善したいと感じているのはどんなことですか」と聞くと、多くの園が「職員間での保育観の違いをどう乗り越えるか」「保育観の違う職員とどう向かい合うか」という課題を上げる。マネージメント研修では、それについてどのように対応すべきか手順を紹介させていただいている。しかし、実は「保育観の違い」はほぼ存在しない。保育士や教員によって違うのは「保育観」ではなく、『社会観』でしかない。

幼稚園教育要領と保育所保育指針では、幼児教育として育みたい能力・資質として「3つの柱」が示され、更に幼児期の終わりまでに育って欲しい「10の姿」まで方向づけされている。これはどの園に勤めても基本的に目指さなければいけない方向性である。また、どの園で働いても子どもに対しては年齢ごとの発達段階に沿って援助が成されるべきものであり、これを逸脱することも基本的にあってはならない。
ここまで前提条件が決まっていれば、「保育観」がバラバラという状態になるはずがない。実際に、様々な保育園や幼稚園で研修講師をさせていただく際に「どんな保育を理想としているか」と一人ひとりに発言してもらうと、ほとんど皆が同じ方向性を示し、違いを感じない。では、何が違うのだろうか?

日本の場合、中学や高校で“わたしと哲学”や“わたしと社会”について学びを深めたり、意見を交換したりする授業がまずない。学生時代にアルバイトをすれば、少しは自分の「社会観」を磨く体験ができるが、それだけでは一面的であり不十分である。一定期間、留学でもしない限り、「社会観」を磨く機会がない。そして、教員や保育士を目指す多くの人はその閉ざされた学校社会からそのまま就業するため、大人になって余程自分から違う世界の人と付き合うように努力しない限り、自分の社会観が磨かれない。

しかし、これを乗り越えないと、保育の質も、教育の質も上がらない。理念や方法だけを語っていても前に進まない。「社会観」の違いをどのように乗り越えるか、来年はそこにツールやメソッドを開発したい。自分だからこそできることがあるかもしれない。


保育研修のご依頼について
http://goodeducation.tokyo/


発売一ヶ月 「世界基準の幼稚園〜型にはまらない子にする18の理論」

本が発売されて一ヶ月が経過しました。読んでくださった方、本当にありがとうございます。「2回読みました」「3回読みました」という声も多く聞き、また、予想以上にお父さまの方々からも多くの共感の言葉や手紙をいただき、心から嬉しく思っております。

SNS等で知っていただいた皆さんには発売と同時に情報を届けることができましたが、近隣の書店さんでは最近になって特設コーナーをつくってくれたり、配本されたりしている店舗も多く、まだ発売されたばかりのような状態です。今まで縁やつながりのなかった方々にもこれからの子育てにおいて、また次世代の人間の育成について微力ですがお役に立てましたら幸いです。



【馬事公苑・スターバックスTSUTAYA】最大規模で特設コーナーをつくってくださり、入口の前で紹介されています。



【経堂コルティ・三省堂】 いち早く特設コーナーをつくって下さいました。ポップは園の先生の手づくりのものをお届けしました。


IMG_4309
【千歳船橋駅・千歳書店】地元の書店さん。5冊もショーケースに並べてくれました。



【祖師谷大蔵駅・小田急ブックメイツ】入口前で特設コーナーをつくって紹介してくれています。

6歳までの子育てをどのように考え、どこへ向かわせればよいのか。それには、どんな援助を心がければよいのか。幼児期はあっという間の短い期間です。一人でも多くの方の心の支えにつながれば幸いです。



世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)











幼児園First Classroom 「入園説明会」のお知らせ
http://firstclassroom.jp/free/boshu

新教育デザイニング株式会社 「保育士・教諭研修」のご案内
http://goodeducation.tokyo/free/abc

書店で「世界基準の幼稚園」をお求めになる方へ

「本は書店で買いたい」という方が、探しやすいよう注文票を用意しました。下の用紙を印刷して本屋さんへ持参するとやりとりがスムースです。もし、本が置かれてなかった場合は、そのまま注文書にできますので書店にお渡しください。よろしくお願い致します。

*出版社に直接送るものではありませんのでご注意下さい。


「世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる」
世界基準の幼稚園注文書


著書 「あとがき」 訂正

著書の発売からまだ5日ですが、既に本を読んで下さった皆さま、どうもありがとうございます。

早速、共感されたとご感想をいただいたり、周囲にも広めたいとお返事をいただいたり、大変うれしく拝見しております。新しい発見や再確認によって、皆さんの場所、皆さんのフィールドで何かが変わり、お役に立てれば何よりの喜びです。「勇気がもてた!」「光が見えた!」というご感想もありました。

さて、著書のあとがき(おわりに)に的外れなメッセージが、園経営者向け書籍の原稿から間違って引用され、入っていることに今頃気づいてしまいました。大変失礼しました。。。本文の方は何度も校正しているのですが、まえがきとあとがきは表紙タイトルが決まってからの大慌ての編集で、チェックの際にすっかり見落としていました。
初版分はもう変更はできませんので、以下にて訂正させていただきます。

現在(不適切なもの):
この本では、幼児教育としての保育理念を浸透させ、質の高い運営を継続させる方法を書きまとめましたが、実践するにあたってお役に立ちましたでしょうか。「理論」と唱っている以上、「理論通りに作れば失敗しない」という責任を持って書きまとめたつもりです。不十分な点もあると思いますが、私自身は「理論」にこだわって、もっとみなさんが使いやすいものを開発できるよう研究を重ねて参りたいと思っています。


訂正(適切なもの):

この本は、ご家庭や一般の方にわかりやすく読めるよう、幼児教育や心理学の理論に実践のエピソードをつけて紹介したものですが、お役に立ちましたでしょうか。「理論」と唱っている以上、10年後、20年後に読んでも違和感がないものをと思って書きまとめましたが、方法については皆さんそれぞれの立場で柔軟に考えて欲しいと思っています。不十分な点もあると思いますが、私自身は更に皆さんに新しい発見をご報告できるよう毎日を過ごして参りたいと思っています。

よろしくお願い致します。


埼玉の保育園 プール事故について

先週、さいたま市の認可保育園でプール遊びの最中、4歳の園児が亡くなるという、とても悲しい出来事がありました。

●「片付けで目離す=保育園プール4歳死亡-さいたま」
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017082600480&g=soc


私の経験上ですが、日常の保育中、子どもが怪我または怪我をしそうになる“ヒヤリ”とする出来事は、職員の「準備中」「片付中」に起こることがかなり多いと感じています。先生が子どもたちを見ていないからというだけの理由ではなく、先生自身がソワソワしている時は、子どもたちもソワソワしがちだからです。
先日、夏まつり会場を下見した際にも、“ここで保護者が準備している最中に子どもがいたら、その興奮度から危ない”と直感的に思い、直前にも関わらず開始時間を遅らせ、準備中は園で子どもたちを預かることに徹底しました。保護者の皆さんには二度手間をかける措置を、急遽取らせてもらいました。

しかし、今回のさいたま市の保育園の死亡事故は、現場の保育士が「片付け」をしていたことだけが原因なのでしょうか?現場の職員にも業務上過失致死を視野に警察で調べているとの報道です。確かにプールの最中に一分間目を離すということはしてはならないことですが、気温と時間帯の関係、園児の年齢と職員の人数比、設備の適性度などからも再発防止のために十分検証されるべきだと思います。

24日は夕方でも30℃を越える予報
今回のプール事故について報道された時、私の園も翌日プールを予定しておりましたが、それより、夕方も気温が下がらない予報が出ている夏まつり会での「熱中症」の方が心配になりました。また、午後3時半というのは職員も疲労がたまり、集中力が切れる時間です。
こちらの保育士の方のブログをぜひご参考いただければと思います。「仮説」として触れていますが、現場のことをよく知っている実践的な知識も豊富な方のブログです。

●「保育園でのプール事故について。」
http://blog.livedoor.jp/gacha_5/archives/3446921.html

3~5歳児19名に保育士2名の危険度
この人数比について、「人員不足のため」と思われている方もいるかもしれませんが、これは厚生労働省および自治体の『基準内』です。基本的に異年齢環境というのは、怪我のリスクが同年齢環境よりも高く、より手厚く「非効率な」人員配置を必要とします。わたしの園は異年齢環境が教育上の特徴ですが、プールは同年齢もしくは習熟度レベルが近い子同士のみで入っています。
また、19人の子どもがいれば、一人か二人はその中に必ず特に注意しなければならない目を離せない子が大体どの園やクラスにもいます。つまり、職員2名であれば、片付けをしていなくても、一人がその一人か二人を見守り、あと一人で残りの17、18人を見ることになり、誰かが「先生、おしっこ~」と言えばその時点で誰も見ていない子たちがいる状況となります。業務上過失致死の容疑が現場の一保育士に向けられるとすれば、厚生労働省や自治体にはその責任がないのでしょうか。

設備の適性度
今回のプールは手づくりのものということ。ダイナミックに水遊びする楽しそうな写真をホームページのトップで紹介している様子から、多くの方が意見されていた「予算がないから仕方なくつくって可愛そう」とは、(本当のところは分かりませんが)最初のきっかけは仮にそうだったとしても、少し違うような感じもします。いままではずっとこの園の素敵な遊び環境だったのかもしれません。しかし、19名の異年齢の子どもたちが2名程度の保育士の援助で安全に遊べる環境だったのか、床面やつかまる場所などに落ち度はなかったのか、残念ですが、厳しく検証されるべきだと思います。


どうすれば重大事故を防げるか?

ハインリッヒの法則_svg(画像出典先 ウィキペディア)

「ハインリッヒの法則」というデータ的定義があります。1件の重大な事故の下には、29件の軽微な事故があり、その下には300件のヒヤッとする事例が存在しているというものです。

プールの話ではありませんが、先日の夏まつり会では、園で一度もやったことのない「花火」を行いました。子どもたちは「火」をみると、本能のようにみんな一気にろうそく目がけて押し寄せてきました。卒園児たちもいたので全部で30名ぐらいです。よりによって職員が帰った後であり、お母さん方はお店コーナーの運営で疲労度がピークに達している時間帯であり、大慌てで対応しながら数名のお父さんがいなければ大怪我にもつながりかねないヒヤッとする状況がありました。そして、来年に向けては完璧な運営方法を考え、皆さんとシェアしようと決めました。
保育や子育てをしている中では、必ず「ヒヤッ」とする場面があると思います。「ない」という人がいれば、余程子どもを抑えつけているか、鈍感な人だと思います。この「ヒヤッ」とする段階で我慢せず、後回しにせず、隠さず、みんなと共有して対策を実行すれば、かなりの確率で大きな怪我や事故は防げると私は信じています。大切なのは行動です。
私も決して完璧ではありません。みなさんと共に日々改善に励んでいる一人です。今回のような悲しい事故が二度と子育ての現場で起こらないよう願いながら、自分自身も常に過信しないよう努めていきたいと思います。



author

橋井健司。保育士・研修指導講師。新教育デザイニング株式会社 代表取締役。社会福祉法人の監事。

著書
「世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる」
記事検索
アーカイブ
コンタクト
Amazonライブリンク