幼児教育とグローバル基準の保育

幼児のファンタジーな世界と無限の可能性。小さな発見やフローの積み重ねからイノベーティブな未来を創る。有能感を持った自立した人間として、生涯を通して学び続ける資質を持って成長できるよう、今しかできない幼少期の土台作りを支援します。

食育と伝統文化

「手指の発達」 粘土もお絵かきも嫌いな子はどうする?

人格形成における情緒の安定や感情コントロール、集中力の向上には手指の活発な運動を伴うことを著書の中で詳しく紹介しました。


お子さんによっては手指を活発に使う粘土やお絵描きに夢中になれない子がいます。そのようなお子さんでも、手指をつかってのクッキングなら「やりたい!」と夢中になる場合が多くあります。食べ物を自分で作ってみたいという欲求が手指を使う意欲へと変換されるようです。今日は「肉まんづくり」を行いました。材料を用意し、すべてを手づくりで行うと、意外と手指に力を入れないといけない工程が沢山あります。

IMG_4476
市販されている知育教材は1~2歳向けには手指の運動を取り入れたものが多くありますが、幼児でも年齢が高くなるにつれて知的好奇心を引き出そうとするものが増え、手指に力を入れて活発に動かせるようなものはありそうで中々ありません。

IMG_4481
「のばす」「まるめる」「つまむ」「ひねる」など、手指を細かく動かさないといけない工程は、日頃あまり使わない手指の神経を刺激します。


調理をした時の「香り」も感性を刺激します。立派なせいろは栄養士の先生が用意してくれました。火と湯気が子どもたちに見えるよう室内にコンロを置き、その上で肉まんを蒸しました。蓋を開けたとき、「こんなにおおきくなるんだ~!」と子どもたちに豊かな表情と言葉が広がりました。


著書では「食育」は幼児教育の重要な要素として書いています。コミュニケーション能力の形成にも大きな影響を与えていることを書きました。ご購入いただいた方も、時々、思い出してくり返しお読みいただければ幸いです。


世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)











幼児園First Classroom 「入園説明会」のお知らせ
http://firstclassroom.jp/free/boshu

新教育デザイニング株式会社 「保育士・教諭研修」のご案内
http://goodeducation.tokyo/free/abc


食育は日本基準


世界的に流行している食のヘルシー志向。私が小さかった頃、伝統的な和食といえば、地味でカロリーが低くて世界では注目されるものではありませんでした。ところが、現代では一変、世界中でその価値が注目され、2013年にはユネスコの「無形文化遺産」にまで登録されました。



おやつに食べてもらった「玄米おにぎり」です。噛みごたえがあって、「いつものお米と違う!」と幼児でもみんながその違いを認識し、味も、焼きおにぎり風で「おいしい!」と好評でした。
今回、私の本の編集者さんですが、偶々、本当に偶然でビックリしましたが、私たちも参考にした「子どもが育つ玄米和食 高取保育園のいのちの食育」を出版に結びつけた方でした。私の本は特に食育から書籍化につながったわけではないのですが。食育は人のつながりでも不思議な縁を呼び寄せると時々感じています!



時々、おかずに出す「いわしの骨まで丸ごと煮」。圧力鍋を使います。これも大人気メニュー。不思議なことに、海外から来た子たちもこれはみんな好きです。味噌汁は一年醸造と六年醸造を混ぜ合わせる、黒っぽい色のものを子どもたちは幼児期に毎日3~4年間飲みます。



植物性たんぱく質、カルシウムや鉄分が豊富な「車麩」もよく使います。炒めたり、フライにしたりも美味しいです。

しかし、皆さんご存知でしょうか?本物の和食を給食に出すのはハードルがとても高いんです。世界中で評価されているにも関わらず、私たち日本人が簡単に出せない・・・詳しくはぜひ著書でお確かめ下さい。10月16日発売です。

51CgZfG8wWL__SX338_BO1,204,203,200_
橋井 健司
光文社
2017-10-17


保育士・幼稚園教諭向けの研修は
http://goodeducation.tokyo/


2017 Summer Festival (Japanese style)

It was fantastic and memorable evening of August. Our FCS’ 2017 Summer Festival was held at evening and outdoor for the first time by the support of great local company and friendly parents.

 

Even from weeks ago, children has been excited for thisevening, since all of parents are member of organizing festival this year and they see the process in which their mother has been involved for preparation.

 

Children enjoyed playinggame of Ring Throw and Yo-yo Fishing (famous playing items of Japanese Festival) ,eating hot dog and shaved ice with favorite flavored syrup and wearing informal cotton summer kimono. Some of kids from international countries had joyfultime together.

 

As 2ndevent, children enjoyed “Watermelon Splitting”. You put bandage over your eyes, hold long stick with your hand and walk toward watermelon for hitting.

 

Finally,there were special event which we have never done at kindergarten. All of children including elementary school students of graduates were really excited with hand-fireworks. Parents also enjoyed talking each other, having homemade dish and delivery meal and beer. There are good exchanging opportunity also for them to meet with graduates and their parents. Tremendous fun and exciting night !

21032357_10154991288993262_3128593432539713902_n


21106564_10154991280423262_7067765173711457409_n



Scoop “Somen” flowing in bamboo


DFJtSbcUwAAeeHD

“Nagashi-somen” is fun eating event in summer. We, Japanese like this opportunity since it contains wise way of enjoying meal in hot summer and makes you feel with season poetry from its nature story. It is said that Nagashi-somen was begun in Kyusyu district with green bamboo and water trickling out of rocks while they were engaged in farm work.

“Somen” is thin white Japanese noodle made from wheat flour. Japanese usually eat this by dipping with soy sauce based soup. “Nagashi-somen” is the activity to scoop somen flowing with water in bamboo by using chop stick or fork. Our kindergarten has this opportunity every summer. Child devotes himself or herselfto scoop somen with cup in one handand chop stick or fork in another hand overand over again. After they are succeeded,soup is poured in their cup so thatthey can dip somen and start to eat at their seat. This year, one of parentsgave us hand-stretched somen of Shodo Island. It was extremely delicisous.


Many children including participants from overseas enjoy this activity by saying “Iam very happy”.Some child who participated into the event for the first time said “ noodle was swimming in water slides ! ”



For child who says “I want to enjoy it again at home ”

Sample:


【青竹】流しそうめんセット(水路3m+竹脚)

クッキングと「会話」、「達成感」

大人の感じる「達成感」と、子どもの感じる「達成感」はそのプロセスが違うということをよくお話し、このブログでも書いています。手指を動かし、刃物を使い、火を使うのは、子どもにとって冒険であり、大人が上手に援助してすべての工程に子どもが関われれば、大きな達成感や満足感も得られます。途中で「道」を変更したり、「欲しいもの」に気づいて追加したり、減らしたり、予定通りいかないクッキングの方が学ぶことが多いと、私は思っています。失敗して不味くて、みんなで原因を考えるなんてことがあれば、学びの場としては最高の体験ではないでしょうか(勇気がいると思いますが)・笑。


以下は、園の栄養士の先生が書いた記事です。3月の園だよりからの転載です。

「今月はカレーとチャパティと野菜サラダを作ります。にじさんにとって最後の食育活動です。皆でワイワイと楽しく、心に残る活動にしたいと思います。
ご自宅では子どもは料理をしたがるけど、忙しいし、危ないしという方もたくさんいらっしゃると思いますが、一緒にやることにより、好奇心だけでなく「達成感」も満たされると思います。
先日、約10年ぶりに20歳の次男と一緒に料理をしました。小学生低学年までよく一緒に台所に立っておりましたが、スポーツなどの習い事が忙しくなり、だんだん機会が減っていきました。今回、ドライカレーを作ったのですが、普段なかなか話せないことを話してくれたり、料理の様々なアドバイスをしたりもしました。彼の思いつきで私が思いつかない食材や調味料を入れてみたりし、彼のオリジナルカレーが出来上がりました。
いくつになっても一緒に作って一緒に食べるというのは幸せなシーンです。私は親子一緒の料理作りを何歳になっても勧めたいと思います。味を介した素晴らしい親子の交流だと思います。」


author
著書
「世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる」
記事検索
アーカイブ
コンタクト