幼児教育とグローバル基準の保育

幼児のファンタジーな世界と無限の可能性。小さな発見やフローの積み重ねからイノベーティブな未来を創る。有能感を持った自立した人間として、生涯を通して学び続ける資質を持って成長できるよう、今しかできない幼少期の土台作りを支援します。

自己表現(美術と音楽)

新たな挑戦・音楽

71562622
“みんなに合わせること”“みんなで揃えること”が楽しいと感じるのは個人差があり、あらゆる表現活動において、本来それは自分の内側からの欲求(内発性)で行われるべきものです。
絵画や造形、言語などでは比較的「自分なりの表現」「自分なりの感じ方」を大切にされても、音楽だけは例外的に扱われ、“みんな一緒に”が最初から目的化されてしまうのはなぜでしょうか?特に男の子たちはそれを拒否する姿(よく出来てもつまらないと感じる姿)がよく見られます。

そんな疑問を解決すべく、今までにないコンセプトでの音楽プログラムの開発をピア・ちゃ成城さんにお願いしました。今日はその第一回目。

「自分なりの表現・感じ方」を大切にしながらも、ソーシャルなものとして遊び感覚でリズム遊びが進んでいきました。「サイレンスの魅力」「リレー」「インプットとアウトプット」などをテーマにソロとセッションの両方の気分を味わう。子どもたちは、やらされ感なく自分らしさを出し、楽しんでくれました。これから回を重ね、気がついたときにはあっと驚くものが身についている、そんなプログラムであることを目標にしています。


私たちの基本生活は人間関係など通常のコミュニケーションも含めて「リズム」が大きく影響しています。適切なリズムが身につけばそれらも円滑になり、将来、人生の様々な分野で応用が効きます。スポーツ選手においても一流のアスリートほどリズム感を持っていたり、大切にしていたりします。


幼児教育や学校音楽への新たなモデルにもなればと思います。多くの子どもたちの将来と笑顔のために。


過去の(よく読まれている)記事:

「幼児教育と音楽表現」
http://innovative-sprout.com/archives/1051928017.html


世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)



手びねりの器と合羽摺り版画展

著書「世界基準の幼稚園」の中でも紹介したアートの先生の個展が世田谷区下北沢で開催されます。今回はアトリエに通う子どもたちの作品ではなく、先生ご自身がつくった手びねりの器と合羽摺り版画の展示です。

入場無料です。ご興味のある方、ぜひご来場ください。

 

神林茶子 「手びねりの器と合羽摺り版画展」
10月31日~11月5日 11時~18時30分

武蔵屋画廊(下北沢駅 徒歩3分)

cyakoteacher個展



世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
2017-10-17
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)




最後の夏

毎夏恒例の全身アート「ボディペインティング」を今年も行いました。
床一面に敷きつめられた大きな白い紙を見ながら、子どもたちは、男の子はパンツ一枚、女の子はパンツとシャツで今にも飛び込んでいきそうな勢いで待ち構えていました。
絵の具も、今年は5色に増やすことを担任の先生たちが決めたようで、四角いプラスチックケースの中に水と一緒に混ぜてたっぷり用意されていました。

担任が注意事項をお話した後、「みんなも絵の具になってしまっていいからね!」と始まりの合図をすると、子どもたちは俄然やる気になって絵の具が入っているケースに飛び込んでいきました。子どもたちは、手足に絵の具をぬったり、体の様々な箇所でスタンプをしたり、寝転んで回転したり、絵の具と一体化して遊び込んでいました。おしりをそのままケースに入れて、スタンプをしている子もいました。床一面に広がる色鮮やかな表現は、筆では表せないものであり、みている私たちがうっとりするほどきれいな作品でもありました。


毎年年長の子どもたちには「小学校へいったら、あまりこのようなことはする機会はないから、今日は思い切り楽しんでね!」と声をかけます。そして「大丈夫!汚してもいい服だから」という言葉がけも忘れません。事前に保護者の皆さんの理解をとりつけておくだけでなく、それを子どもたちに伝えることも重要です。

豪快に、無邪気に遊ぶ幼児らしい姿は、みていてもとても気持ちのよいものです。体を絵の具ベッタリにしても、その過程の方法や表現には一人ひとり個性があって違い、自分らしさを発揮しています。まれに汚すことが嫌いで参加したがらない子もいますが、それはそれで強制しません。子どもたちは様々なことを見たり、触れたりしながら、自分は何が好きか、何がしたいのか分かるようになります。参加をしないという意思も「主体性」や「自立」への過程のひとつです。もちろん、援助者は常に何回か誘いはしますが。

最後の記念撮影は絵の具だらけになった体で紙の上に寝転んで、みんなで行いました。今年は習い事を休んで参加した園児もいました。卒園生の中にも、この日のことをいつまでも覚えている子が多くいます。全身で大胆に、躍動的に表現する中で、自分の可能性の大きさに気づいた園児も多かったことでしょう。


IMG_3611



ひなまつりと表現活動

「ひなまつり」をテーマにした造形表現の活動をしました。担任の先生たちの手記を掲載します。

ひな人形づくり(年長)
今回の作品づくりは、年長の担当ということで「自ら考え、楽しみながら作品をつくる」という事をポイントにしました。
作る過程を3つに分けてそれぞれに「説明書」をつくり、「自分で読んでからつくる」という環境設定にしました。
二人組で行うことにしたので分からない部分はお友達に聞きながら進めていく姿が見られました。最初に3つのどこの部分から進めるかは保育者が声をかけ、その後は子どもたちがペアのお友達とどこのコーナーへ進んでいくか考えながら作品を仕上げていきました。年長の3学期だからこそ出来た活動だったと思います。


和紙染めひな人形(年中・年少)
和紙染めをメインで行い、和紙にゆっくりと色が入っていく様子や広げた際に出てくる模様を楽しみました。
年中と年少で工程を分けて行い、年少はパーツを貼りつけて、ちぎり絵で指先をしっかりと使い、仕上げました。年中は自分の手でつくりあげると共にオリジナリティを出せるよう、パーツは自分たちで切り、折り紙も選ばせるなどの工夫をし、シンプルながらも味のあるものになっています。

CIMG4371

CIMG4362

ペットボトルでけん玉をつくろう!

アート活動でけん玉を作りました。講師の先生の手記を公開します。

「身近にあるものを生かす知恵・工夫する力を身につけてほしいと今月は工作にしました。
今日はうさぎの子達も意気込みと意欲に満ちた顔に驚かされた。
・カッターナイフで切り口をつけてもらい、はさみで好みの大きさに切る。
・ビニールテープを切り口にまく
・千枚通しで穴をあける。
・毛糸を通し、しばる。
・ティッシュペーパーを丸める。
・毛糸で十文字(プレゼントのように)結ぶ等、道具と手先をおおいに使う。
『工作は、自分はこう作りたいと考えながらすすめていこう』のかけ声で自分なりに工夫をこらす子どもが何人もいて嬉しく感じた。
出来上がった作品で遊ぶ時、上手に入った子はおお喜び!!
どうしても入らない子は先生方とマンツーマンで何度も挑戦。ファーストクラスルームが和気藹々のムードに包まれました。」
CIMG4378

author
著書
「世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる」
記事検索
アーカイブ
コンタクト