幼児教育とグローバル基準の保育

幼児のファンタジーな世界と無限の可能性。小さな発見やフローの積み重ねからイノベーティブな未来を創る。有能感を持った自立した人間として、生涯を通して学び続ける資質を持って成長できるよう、今しかできない幼少期の土台作りを支援します。

自己表現(美術と音楽)

自分という『軸』をもつこと

 7、8月は何人かの卒園生が遊びにきてくれました。園の活動を手伝ってくれたり、自分が夢中になっていることのお披露目の場に招待されたり、卒園生たちの今を垣間見ることができました。

IMG_9194

卒園したみなさんに共通していたのは、自分という『軸』をしっかり太くしていること。当時を知っている職員たちとそれを目の当たりにし、自分軸が太くなっていることを共に喜んでいました。


IMG_9251
物語が好きで言葉での表現が得意な子は語彙力や説明力、気配りまでパワーアップしており、無口で手を動かしながら凄いものを作ってしまう子は、更にモノづくりの発想と技術が進化していたり、当時好きではなかったことまで得意なものにしてしまったりと。みんな、強い意欲や没頭力は当時のまま。


IMG_9291
中学生になった子は、親の見ていないところで努力をし続け、自分を磨き続けられるという、これもまた当時と変わらない様子です。凄いことを成し遂げ、心底感動している親御さんや私たちの前で本人はキョトンとしているのも多くの子に共通しているように思います。

もう一つ、わたしが驚いているのは、思春期を迎えている卒園生たちの多くが "他人とは適度に距離を置いている”と保護者の方たちから聞くことです。私自身は思春期のころは友達や人間関係に割と翻弄された方なので、卒園生たちが大きくなっても自分をしっかりと持ち、他者との関係に依存的でないことには大変感動しています。

幼少期から人それぞれ違って当たり前でそれを認め合う生活(文化)をしていたのがよかったのか、一人遊びやフロー体験をじゅうぶんに重ねたのがよかったのか、何かひとつの理由ではないと思いますが、みんな自分という『軸』をキープし、それを太くしていることには大変嬉しく思っています。

保育の現場では毎年いろいろと課題があり、大変なことも少なくないですが卒園生の姿は本当に励みになります!世界のどこでも、自分らしく、力強く。


<第3刷が配本されました>



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村






第4回親子講座 造形・サイエンス遊び

6月8日(土)の親子講座は、造形・サイエンス遊びとして『ソルトドゥを体験しよう』を行います。以下、講師からのご案内を掲載します。

IMG_0003
<ねらい> 身近にある食べ物の命をおすそ分けしてもらい食べ物に感謝しながら、小麦粉や塩の感触や匂い、色と形の変化を楽しむ。

こんにちは、今回、講師を務めさせてもらう、造形教室「るるる」の村田麻美です。一人ひとりの内面を読み取り、個性を尊重したぞうけいあそびを行い、“教える”よりも“自ら気づく”環境を作るようにしています。

IMG_9581
さて、今回の『ソルトドゥを体験しよう』について紹介します。
お料理で使う小麦粉、お塩。
お母さんは"食べ物で遊んではいけませんよ"
そういうけれど今日は特別。

IMG_0004

食べ物の命をすこしだけおすそ分けしていただきながら身近な小麦粉や塩などでドゥ(粘土)になる過程を楽しみます。

IMG_0002

どんな色?どんな形?どんな匂い?
子どもたちの探究心をめいっぱい広げ学びへと結びつけていく、そんな遊びです。
出来上がったドゥは公園で摘んだ草花と一緒に思い出に閉じ込めましょう。
IMG_2428


日時:6月8日(土)10:00~11:45
会場:幼児園First Classroom梅ヶ丘校(小田急線・梅ヶ丘駅 徒歩1分)

参加費:親子1組 4,500円 *材料費込み(1組=大人1名、子ども2名まで)ママまたは先生のみの参加も可(3,000円)
どなたでもご参加いただけます。子どもは幼児~小学生まで対象です。(小麦粉アレルギーのお子さんはご遠慮ください
講師:造形教室 るるる 村田麻美(幼稚園教諭・保育士・リトミック指導)

10:00 受付~屋外へ
                     親子で羽根木公園を散策しながら好きな草花を摘んできてもらう。
10:45 屋内にて造形サイエンス遊び、スタート
11:45 終了予定
      天気がよければ、目の前に広がる公園でピクニックをお楽しみください。


<お申込みはこちら>
https://ws.formzu.net/fgen/S86756140/
ご質問もあれば、遠慮なくこちらからお問い合わせください。



5月11日(土)子育て・親育てセミナー(締め切り間近です)
http://innovative-sprout.com/archives/1074417377.html




クリスマス・コンサート

小さな音楽ホールでクリスマスコンサートを開催しました。いつもと違う雰囲気を楽しもうと、前日から楽しみにし、当日はお洒落な格好をしてくる子どもたちの姿も目立ちました。

今回はヴァイオリン演奏とアフリカのジェンベ演奏を聴いてもらい、後半は子どもたちも歌を披露してくれました。前に出るのは希望の子のみとしましたが、年少以上の子たちはみんな自分から前に出て元気な姿で歌っていました。年長の園児たちはピアニカで「ジングルベル」を、みんなで息を合わせて立った状態で演奏してくれました。自信にあふれた姿でした。

~開始まで絵本を読みながら~

1 ヴァイオリン演奏 信田恭子先生
①星に願いを ②ヘンデル作曲:ラルゴ ③モンティー作曲:チャールダーシュ

2 ジェンベ演奏 田中渉先生
・Passionate African Christmas

3 園児たちによる歌と演奏
・歌「ヤッター、サンタがやってくる」「We wish you a Merry Christmas」
・ピアニカ(年長)「ジングルベル」

4 サンタさんから届いた手紙とプレゼントの紹介

絵画や造形で自由に表現するとき、20人20通りの個性的な表現が生まれるように、音楽も環境や援助によってもっと自由に様々な表現が発揮できるものと思います。今後も様々な機会を設けながら研究を続け、幼児教育の可能性を広げていきたいと思います。 

皆さん、楽しいクリスマスを!Merry Christmas !

IMG_7849

フラワーアレンジメント


園児のお母様が企画提供をしてくださり、子どもたちが「フラワーアレンジメント」を楽しみました。男の子たちは黙々と考えながら手を動かし、女の子たちは熱心に講師役のお母さんを取り囲み、静かに和やかな時間が流れる中、自分らしく力強く表現していました。出来上がった作品によって部屋全体が華々しくなり、春の季節感を一層高めてくれそうです。

3学期という充実期、春の始めに、修了式というみんなでお祝いをする前にこの活動を行えたことは、とても意義のあることだと感じます。子どもたちが毎朝歌っている歌や目にしている自然、食べているものの色ともつながり、とても感性に響くように思います。また、男の子は「和」の花に興味が大きいなど、女の子とは違う楽しみ方もあると感じました。

明日の修了式。自分たちの手でつくったお花で互いの成長をお祝いし合い、卒園生を送り出します。きっと、子どもたちの感情や表情が一層豊かになるでしょう。
また、できたらいいな~と思う、貴重な機会でした。




『世界基準の子育てセミナー(第1回大阪)
~6歳までの子育てベストアプローチ~
4月21日(土) 大阪 受付開始しました
https://firstbook.shop-pro.jp/?pid=128398215
1e4351bb6d5a8198d6a627cd75da9cf5_s



世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
第2刷が配本されました。
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)











にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村



にほんブログ村


グループ表現展

「毎年、同じことをする」「全員で同じことをする」ことを前提に発表会をしようとすると、必ず、楽しくない練習がセットでついてきます。先生たちも「もう一回だけだから」「すぐ終わるから」と何とか子どもをその気にさせようと必死になります。果たして、嫌々付き合う練習にどれほどの意味があるのか。年長さんは幼児期が「あと30日」と少ししかありません。年中さんも残り400日を切りました。


著書に書いた“パワフルな内発性”、“ポジティブな個性”、“アクティブな協調性”を育むには、まずは幼児期という期間はとても短く、余計なことをしている時間はないと認識する必要があります。


IMG_5209
今月、私の園は園児たちがグループに分かれて表現を深めていくことを楽しみました。いつもより挑戦的な機会です。保護者さんには3日間を用意し、見たい日に見たい人だけ来てもらうようにしました。


IMG_5164 IMG_5207
年長年中の女の子グループは、長いストーリーのお話を自分たちで考え、字の得意な子が紙に書き留め、おしゃべりを何時間もしながらペープサート劇を創作しました。みんな手づくりの過程を生き生きと、夕方にはまるで中学生や高校生が放課後に生徒だけで創作に励むように楽しんでいました。


IMG_5212

年長の男の子二人組は、話し合いによって「掛け算九九」の表をつくりました。先生の手助けは最低限にしながら、自分たちだけで一から九の段まで作り上げ、自分たちで紹介しました。早期教育?と見間違えそうですが、“好きなことを好きなだけやる”表現の世界です。作り込んでいる時は女の子たちとは違ってほとんどおしゃべりをせず、黙々と取り組んでいました。


IMG_5216

IMG_5218

IMG_5219
年少は、担任の先生のアイデアで先生と子どもが一対一で一緒に調べたり、考えたりしたことを表現する姿を一人ずつ見てもらいました。年少に対する日頃の保育のあり方そのものが垣間見られるものと、私は、大変うれしく思いました。もはや、私の理念や方針を、形にしてくれているのは私ではなく、現場の先生たちでもあると改めて実感しました。

最後にひとつ。好きなこと、得意なことを援助して上げるほど、“好きではないこともやってみよう”と何ごとにも意欲的になることはとても興味深いことです。


『世界基準の子育て講座(第1回大阪)
~6歳までの子育てベストアプローチ~
4月21日(土) 大阪 受付開始しました
https://firstbook.shop-pro.jp/?pid=128398215
1e4351bb6d5a8198d6a627cd75da9cf5_s


“好きなこと、やりたいことで、人生をデザインしていける習慣を”
Firstbook 世界基準のこども手帳
*画像をクリックすると専用サイトにつながります。
techo0227


世界基準の幼稚園 6歳までにリーダーシップは磨かれる
橋井 健司
光文社
第2刷が配本されました。
(クリックするとアマゾンのサイトにつながります)











にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

author

橋井健司。保育士・研修指導講師。新教育デザイニング株式会社 代表取締役。社会福祉法人の監事。

著書
「世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる」
記事検索
アーカイブ
コンタクト
楽天市場